Windows 10移行の背景 - 2017年4月27日

現在の業務環境は、非常に煩雑しており、多数のパソコンやモバイルデバイスの活用、異なるアプリケーションから情報をアクセスされるなど、色んな課題があり、WindowsのOS移行は、その一つにしかありません。今後のOS更新期間は、3年から5年程度ではなく、もっと短い期間での移行が求められると思います。
特に海外では、リサーチ会社のForrester社によりますと企業の50%は、Windows 10の展開を2017年1月から始めています。
今後のIT予算と時間を考慮しますと、日本企業の皆様も早い段階でWindows移行と管理をお勧めします。