次回の監査を乗り越えるには

監査に向けての不安

次回の監査に向けて準備はできていますか?

ソフトウェア監査を乗り越えるための10のステップ。

監査におけるミスとは

監査において費用がかさむ原因となる、よくある過ちとは?

ソフトウェアベンダーの目当てはお金です。

これらのベンダーは一部の顧客がライセンスを効果的に追跡していないことに目をつけて、利益を得ようとしています。いまだにスプレッドシートを用いてライセンスを管理している場合、(紙切れにメモするよりは幾分ましですが)無駄な費用が生じる可能性が高まります。

来年には、全組織の3分の2が監査に直面すると見込まれています。また事業の半数以上が、過去12か月の間に複数回監査を受けたことが判明しています。これでは費用がかさむばかりです。多くの組織では、これらのコストを削減するにはライセンスを余分に購入した方がまだ無難と考えられていますが、これは無駄な出費以外の何ものでもありません。

次回のソフトウェア監査に万全の準備で臨む

監査を乗り越えるためには、どのソフトウェアが購入されているか、そして何よりも重要なこととして、何が実装されているかについて詳しく把握することが欠かせません。かつては推測も交えて乱雑だった監査作業も、Ivantiのソリューションがあれば近代的なアプローチを採用することが可能です。

正確なレポート
ベンダーごとにデータを正確に生成すれば、コンプライアンスの現状について把握できます。
生産性を維持
監査の中には1年を通して実施されるものもあり、作業の中断とコストの増加の原因となっています。Ivantiならば、この影響を最小限に抑えることができます。
知識は力なり
ソフトウェアライセンスを効果的に導入できるよう、どのライセンスを誰がどこで使用しているかを把握しましょう。
コストを削減
多額の罰金や修正コストが課せられることはないという確証が持てれば、ライセンスを過剰に購入したり、ポリシーにそぐわない購入を行ったりする必要はないため、コストも削減できます。

突然の監査に直面する前に準備を開始

監査を迎えた時点でようやくソフトウェア資産を管理し始めるというのは、企業が犯す最大の過ちです。これに伴う損害は、修正コスト、罰金、裁判費用という形になって現れます。また、監査に通らなかったことで組織の評判が傷つくことも考えられます。そうならないように、今すぐ行動を起こしましょう。次回の監査がスムーズに終わるよう備えるうえで、Ivantiがどのようにお手伝いできるかご覧ください。

完全コンプライアンスソリューション。
Asset Manager
資産を積極的に追跡するソリューションです。。
ソフトウェアを完全に可視化するソリューションです。

多額の費用を節約できるソリューション

包装を専門とするSealed Air社は、当社のソリューションを使い始めてから3か月以内に、数百万ドルに及ぶライセンス料を節約できました。Ivantiのお客様がどのようにして監査を乗り越え、さらには費用も節約できたかご覧ください。

B2Bコネクター

ソフトウェア購入情報がCDW、Microsoft、Adobe、Lenovo、Dell、HPなどのベンダーから自動的にインポートされ、資産の記録が作成されます。

詳細の把握

ソフトウェア使用状況をリアルタイムで表示してライセンスを最適化することができます。情報をさらに掘り下げて表示すれば、最後に使用した日時、起動させた回数、使用時間などについて知ることができます。

契約管理

どのアプリケーションにライセンスが付与され、承認されているかを特定し、企業のガイドラインを越えた使用があればこれについて報告しましょう。

追加設定なしで利用できるワークフロー

Asset Centralには、監査手順を段階的に踏んでいくことのできる、プロセス対応ワークフローが備えられています。これに従うことで、コンプライアンスの状態について容易に証明することができます。

ワークスペースとダッシュボード

コンプライアンスの現状について可視化し、これに履行していないソフトウェアライセンスを特定すれば、修正コストについて把握できます。

自動に検出

コンピューターネットワーク上に存在する管理対象/非管理対象の知的財産(IP)対応デバイスの場所にアクセスし、これをインベントリすることで、ソフトウェア資産について正確に把握できるようになります。

準備を整えて心配いらずの監査に

Ivantiのサポートで自信をもって対応