ユーザーのログオン時間を短縮

ソリューション概要

プロファイルの破損を減らしたいとお考えですか?

ある病院においてログオン時間が87%短縮しました。

満足していただいているお客様

テキサス大学医学部ではログオン時間が「分単位から秒単位」に短縮しました。

時間のかかるログオンは、ユーザーの不満になります。

実際に、30秒の待ち時間があるとエンドユーザーの71%が個人的な作業を始め、それが長くて5分間続くことが調査によって示されています。これは会社の時間と費用の損失となるばかりでなく、デバイスが開かれたままの状態となることでセキュリティ侵害にさらされることにもなります。

また、ログオンに時間がかかり過ぎると生産性が減少するほか、デスクトップ仮想化に対するユーザーアクセプタンスが悪くなることで、サービスデスクコールの量が増加します。ログオン時間を短縮させればエンドユーザーのITに対する信頼が増し、IT費用が削減され、関係者全員の生産性の向上へとつながります。

ログオンに時間がかかる原因を除去

ログオンに時間がかかる原因となっているのは、主に従来型のローミングプロファイル、ログオンスクリプト、グループポリシーオブジェクトです。これらを取り除けば、ユーザーはすばやくログオンできるようになりますが、そのためにはどうすればいでしょうか?

プロファイルの破損を除去
ログオフ時に保存されるモノリシックプロファイルは破損しやすいという特徴がありますが、代替策として、パーソナライゼーションを必要に応じて保存/復元する方法があります。
ジャストインタイムのパーソナライゼーション
ログオン時に肥大化したプロファイルを適用するのではなく、セッション全体にわたってパーソナライゼーションをジャストインタイムでストリーミングしましょう。
ポリシーをきめ細かく
煩雑なログオンスクリプトの代わりにきめ細かなポリシーを使用することで、ログオン時間が短縮されるほか、IT部門による一層の管理が可能となります。
グループポリシーオブジェクト(GPO)を操る
GPOの複雑になり過ぎて手に負えなくなると、ログオン時間が長くなり、ユーザーは不満を口にするようになります。そこで、GPOを迅速なオンデマンドのアクションに切り替えましょう。
ポリシーマネジメントを簡素化
簡素化/集中化されたポイント&クリック式のポリシーマネジメントによって、複数のログオンアクションを同時に適用できるようなることで、ログオン時に、複雑で時間のかかるスクリプトを順次ロードする必要がなくなります。

Ivantiがお手伝いできること

Ivantiのソリューションをご利用になれば、従来のような巨大なユーザープロファイル、扱いにくいログオンスクリプト、複雑なグループポリシーオブジェクトに依存しなくて済むため、ユーザーはすばやくログオンできるようになります。これにより、エンドユーザーの作業が促進され、サービスデスクコールの回数が減り、ユーザーがITを支持するようになります。

Environment Manager
IT部門は、ポリシー/パーソナライゼーションのマネジメントツールであるEnvironment Managerを使用することで、煩雑なプロファイルやスクリプトを使用しなくても各ユーザーのデスクトップをオンデマンドで完全にパーソナライズできるようになります。標準化されたデスクトップ環境も例外ではありません。

ユーザーのログオンをスピードアップ

Environment Managerによって、ユーザーはログオンに時間をかけることなく、すばやく作業を始めることができます。

ユーザー設定のロールバック

Environment Managerのセルフサービス型のロールバック機能を用いれば、アプリケーションとデスクトップの設定を希望する作業状態へと復元することが可能です。これにより、IT部門は破損したプロファイルを削除する必要がなくなります。その工程で生じていたユーザーのダウンタイムもなくなります。

ポイント&クリック式のポリシー定義

IT部門は、スケーラブルなポイント&クリック式のインターフェースを介して、ポリシーをきめ細かく定義することができます。さらにEnvironment Managerにより、オペレーティングシステムとアプリケーションに対するユーザー特有のカスタマイゼーションが(これらが実施された時点で)すべて取得されます。

状況に応じたポリシー

Environment Managerでは、煩雑なログオンスクリプトが、状況に応じて適用されるきめ細かなポリシーに置き換えられます。ユーザーは一貫性が保たれたデスクトップに、これまでになく迅速にログオンできるようになります。

プロファイルの破損なし

Environment Managerでは、破損しやすいモノリシックのユーザープロファイルは保存されません。代わりに、あらゆるWindowsプラットフォームからパーソナライゼーションを要求に応じてストリーミングできる拡張可能なインフラを用いて、ユーザー/アプリケーションベースのユーザー設定が保存されます。

ログオンスクリプトとGPOを排除

Environment Managerでは、ユーザーデータがデスクトップ環境から分離されるほか、このデータはデバイスとは独立して管理されます。ポイント&クリック式の並行処理エンジンにより、ログオンスクリプトやGPOに依存することなく、ポリシー管理ツールが一元的に管理されます。

ログオン時間を削減

エンドユーザーの不満を解消