ユーザーをWindows 10へと移行

最新のeBook

Windows 10への移行の下準備:5つの重要事項

ある学校区において、数千人にも及ぶユーザーをどのようにしてわずか数日でWindows 10に移行させたか?

満足していただいているお客様

サイプレス=フェアバンクス独立学校区

数千台にも及ぶマシンをすばやく移行

ある大手の医療関連企業は、19,000台にも及ぶマシンを新しいWindows OSへと移行させました。またある教育用の大規模なシステムにおいては、学校100校にわたって40,000台のマシンが移行されました。

これらの組織はいずれも、該当するユーザーとPCに対して数多くのアプリとドライバーをマッピング/アップデートし、さらにはユーザーのデータと設定を復元する必要性に迫られていました。余談になりますが、前述の医療関連企業が当社をお選びになった理由は、私たちがOSベンダーや他のコンサルタントよりも圧倒的に低いコストを提示したことにありました。学校のシステムの移行に関しては、当初から性急なスケジュールであったにもかかわらず、予定よりも1週間早く作業が完了しました。

今後の移行に時間と費用を節約

OSの大規模な移行は3~5年おきに実施されるというのはもはや過去の話です。Microsoftによるリリースのペースが早まっていることで、IT担当者は、複数のWindowsバージョンを並行して実行しつつも、常に移行状態を維持しなくてはならないというプレッシャーにさらされています。

移行の進捗を把握
移行の進捗はリアルタイムで示されます。計画どおりに次の段階に進んだことを把握し、上層部に報告できます。
移行スケジュールのオプションを提示
どのタイミングでアップグレードを実施するかを選べることで、ユーザーの移行に対する抵抗が減ります。準備が整ったらマウスをクリックするだけです。
セキュリティ基準を維持
デバイスを複合化することなく最新のWindowsバージョンへと移行します。またアップデートに伴い、管理権限も得られます。
一切手を加えることなく新たなマシンを提供
リセラーから直接提供されたデバイスに、イメージとユーザープロファイルを適用するためのシステムを構築しましょう。
継続的なプロビジョニングプロセスを改善
移行によってプロセスをアップグレードすることで、プロビジョニング、パッチの適用、ソフトウェアライセンスのコンプライアンスプロセスが改善されます。
ユーザープロファイルとパーソナライゼーション
一貫したユーザーエクスペリエンスを維持しましょう。複数のWindowsバージョン間でユーザープロファイル、設定、ファイルを抽出し、流動的に移動することができます。
テンプレートで時間を節約
新規または既存のデバイスのプロビジョニングには、構成手順の数を最小限に減らせるテンプレートを使用できます。ユーザーの稼働に伴うインシデント数も減ります。
イメージを簡素化
すべてはOSから補外されるため、それほど多くのイメージを必要としません。ソリューションによって、すべてのものが自動的に元に戻されます。

実績のあるデスクトップ移行ソリューションを採用

Windowsオペレーティングシステムの移行は、それだけで終わるものではありません。私たちはその後も、Windows管理と更新アプローチを刷新するお手伝いをしていきます。Ivantiのソリューションをご利用になれば、移行/プロビジョニングプロセス全体を自動化することが可能です。冒頭の学校の事例を覚えていらっしゃいますか?このシステムを運用しているIT部門は、今でも毎日のように数百に及ぶデバイスのイメージを楽々処理しています。これは、週あたり2,000台以上のマシンに相当します。IT部門の任務は、アプリケーションをインストール/構成することではなく、事業を中断させることなく、ユーザーをより効率の良いOSへと確実に移動させることです。

Endpoint Manager (旧LDMS)
実績のある統合エンドポイント管理ソリューション。
Environment Manager
プロファイル、パーソナライゼーション、状況に応じたポリシーにオンデマンドで対応。
File Director
ファイルの同期、保管、移行を簡素化。

OSの移行に伴うストレスを軽減

どのような主要機能によって、高度に自動化された継続的なWindows OSの移行が実現するかご覧ください。

迅速な移行

並行型の移行よりも短い時間で大半のマシンを移行させられます。ユーザーのパーソナライゼーションを含む完全移行のほとんどが30分の短い昼休みの間に終了します。

Windows 10に向けてアプリを準備

アプリケーション設定をパッケージ自体から分離させることで、アプリケーションとパッケージのカスタマイズに要する時間と費用を節約できます。移行先のOSに基づいてアプリ構成を自動化し、ユーザー権限を動的に昇格させてインストールを実施しましょう。新たなインストールを完了した時点より、すべてのライセンスが追跡されます。

デバイス間でデータを移行

ユーザーはファイルやデータをコンピュータードライブ、共有ネットワーク、リムーバルディスク、クラウドといった多くの場所に保管しています。このソリューションは、全てのユーザーデータを既存のIT ストレージに一元管理します。これにより、どこからでもユーザーのデスクトップやデバイスは最新な情報を提供します。

ユーザープロファイルを取得して集中化

ユーザープロファイルは既存のデスクトップから自動的に取り込まれ、集中的に保管された後、要求に応じて再び適用されます。移行中にユーザープロファイルを特定のデバイスに適用したり、またはローミングプロファイルの一部として、何らかのWindows OSが実行されているあらゆるマシンで使用したりできます。

ハードウェアに依存しないイメージング

モデルやメーカーが異なるマシンを移行させるにあたり、複数のイメージを用意する必要はもうありません。よりシンプルになった標準化イメージを使用すれば、ソリューションによってデバイス特有のドライバー、アプリ、そしてユーザーに関連したプロファイルが自動的に設定されます。

OSプロビジョニングを簡素化

PCの構成手順の数を最小限に抑えられるプロビジョニングテンプレートを用いて新規または既存デバイスをアップデートすることで、ITチームの効率を新たなレベルにまで高められます。デバイスのドライバーは、PCまたはデバイスの種類に応じて柔軟にダウンロードできるため、ユーザーは少ないインシデントで稼働にこぎつけることができます。

新たなOSが登場しても    苦労はなし

Windowsの移行に伴う時間とコストを削減