必要なのは

Android、iOS、Windows 10へのデバイスの移行

ウェブアプリの移行

SAP、Oracleなどのウェブベースアプリを強力なVelocityソリューションのアンドロイドブラウザ上で実行します。
詳細はこちら

仕組みはこちら

アンドロイドデバイスから簡単に既存のエンタープライズシステムに接続します。
動画はこちら

テルネットのモダン化

TelnetとAndroid、iOS、Windows 10向けのアプリを最新化。

現代化させる理由とか?

ソフトウェアを提供します

迅速な教育は、より良い結果に繋がります

Velocityは、ファンクションキーをボタンに変換します。それにより、利用者は「F3=BACK」を入力する代わりに「BACK」ボタンをクッリクするだけで完了します。新しい利用者でも直ぐに活用できます。

Velocityによって、Dorman Products社が、精度とカスタマーサービスをどのように向上したかご紹介します。集荷エラーを86%も削減しました!

次世代モバイルへの移行のどの段階に取り組んでいますか?

アンケートに協力していただいたウェアハウスの専門家の半数以上が、既存のデバイスが古くなり、寿命を迎える寸前であるため、モバイルデバイスのアップグレードを検討していると回答しています。 Ivantiは移行からさらなる価値を引き出すお手伝いをします。

既存のアプリをモダン化
モバイル用のウェブインターフェースを社員が期待しているタッチスクリーン対応にアップグレードするためどのような方法を利用していますか?
音声機能を追加して生産性を向上
音声機能は大いに役に立ちます。Wavelinkを搭載したSpeakeasyを導入したことで、毎年50万ドルを上回る費用を削減できたお客様もいらっしゃいます。いますぐ行動を起こして、どれくらいの費用を削減できるか見てみましょう。
telnetアプリをモダン化
緑色の文字でおなじみのtelnetをAndroid、iOS、Windows 10へと進化させ、タッチスクリーン、直観的なナビゲーション、スマートフォン様エクスペリエンスをフルに活用しましょう。これは、どの作業員も望んでいることです。
お気に入りのモバイルコンピューターを選択可能
ウェアラブル、携帯デバイス、タブレットなど、企業には一貫性のあるユーザーエクスペリエンスで最新化できる選択肢が存在します。
簡単に実装
Velocityを用いたシステムのモダン化は簡単です。モバイルデバイスとホストをつなぐためのミドルウェアは必要ありません。導入もすばやくシンプルに行えます。
作業員を常に仕事に従事させる
ブラウザーによってセキュリティ上の懸念が生じるようなことがあってはなりません。作業員がブラウザーをコントロールできないように設定し、日々の業務に集中してもらいましょう。生産性を高めること、これこそが鍵です。
レガシーアプリを強化
Velocityは既存のブラウザアプリをタッチスクリーンデバイスやAndroid、iOS、Windows 10のオペレーティングシステムへとアップデートします。Industrial BrowserやCETermアプリを新たなモバイルデバイスに展開しましょう。
ワークフローを改善
ワークフローは高度なスクリプト記述によって最適化されます。これにより、バーコードデータの解析とフィールドへの入力、重要な情報の強調表示、アラート/エラーを示すトーンのカスタマイズなどが可能です。

最新の倉庫に移行するために必要なツールすべてを一ヶ所に集約

端末エミュレーションとウェブアプリケーションには、長きにわたる実績があります。これらのシステムに投資している企業は、たとえ新世代のモバイルデバイスハードウェアの利用が拡大していると認識していても、投資したシステムを活用できるという確信を求めています。こういった企業の課題は、WinCEやWindows Mobileといった古いオペレーティングシステムをいまだに利用していることですが、端末エミュレーションはこういった古い世代のオペレーティングシステムにも対応します。

ここで当社の出番です。 従来のシステムをモダン化し、Android、iOS、Windows 10へ移行するために必要な製品をご紹介します。

迅速で費用がかからない移行

最新のオペレーティングシステムへ移行するために、何日も徹夜で作業するわけにはいきません。当社の新機能を活用すれば、頭を悩ませることなく移行を実現できます。  

ワークフローの特定の段階で使用するキーのみが含まれる、カスタムキーボードを作成できます。 さらに、お気に入りの要素と色を適用すれば、自分だけのアプリが完成します。

Speakeasyを追加してアプリを音声に対応させる作業は、Androidに移行後も既存のシステムと同じくらいシンプルに実行できます。

緑色の文字でおなじみの信頼性の高いテルネットクライアントは、Androidアプリへと進化します。これにより、タッチ操作に対応したスクリーン、無駄のない直観的なユーザーエクスペリエンス、そしてフルカラーのグラフィックをご利用いただけます。 使い勝手が良いため、社員は業務に集中して取り組むことができるでしょう。

すでに投資し最適化してきた従来のシステムについてはどうでしょう? Androidデバイスを採用し、Velocityでテルネットやウェブアプリケーションをモダン化させ、さらに音声機能を追加すれば、ホストアプリを一切修正することなく、瞬時にAndroidに移行できます。

当社は、お客様が移行の苦労、費用、リスクを避けられるよう、Velocityプラットフォームを構築しています。移行を検討したものの、方法がわからず着手できなかったお客様にとっては、今が絶好のチャンスとなります。 

Velocityプラットフォームは、モバイルアプリ/ブラウザおよび管理コンソールで構成されています。 モバイルデバイスとホストアプリケーションをつなぐうえで、複雑な作業は一切ありません。