貴社のモバイルデバイスを管理します

いつでも、どこでも、ユーザーの高い生産性のために

現代のユーザーは、今日のリモート環境の下で様々なデバイスを使って仕事をこなすことを期待しています。

ホワイトペーパーをダウンロードします
機能をご確認ください

Ivanti Neurons for UEMが、どの様に全てのエンドポイントをセキュアに管理し、自動化してユーザーの生産性を向上させるかをご確認ください。

動画を見ます
全てのエンドポイントの安全化を図ります

デバイス登録、アプリやポリシーの展開、セキュリティのための柔軟な選択肢があります。

詳しくはこちら

everywhere workplace(場所にとらわれない働き方)の実現にはセキュリティが重要です。

より多くのモバイル端末の活用は、今日の働き方を変えました。同時に、ITはセキュリティに対する新しいアプローチを必要としています。

ビジネスパーソンの10人中9人近くが、1台のPCと少なくとも1台のモバイル端末を使って日常業務をこなしています。 従業員は、もはや一箇所のデスクトップに縛られているわけではありません。様々なデバイスを使用し、多くのアプリにアクセスしながら、常に働いています。

BYODでは、セキュリティやプライバシーを損なうことなく、企業や個人の端末を管理し、企業のIT管理システムに統合する必要があります。

統合エンドポイント管理(Unified Endpoint Management)は、あらゆる場所のあらゆるデバイスを安全に管理します。

登録から展開、さらには制限の適用にいたるまで、ライフサイクルを通して一貫したポリシーをもって、すべてのエンドポイントを管理します。

BYODとモバイルワーカー

個人のデバイスを含むあらゆるデバイスにて、すべての従業員の生産性を向上させます。ユーザーのプライバシーを侵害することなく、企業情報へのアクセスを可能にします。

シームレスなオンボーディング

規程や方針を、一貫性を持たせつつ簡単に実施できます。 ユーザーとデバイスのポリシーを一度だけ実装すれば、すべてのユーザーのデバイスに対して適用できます。 Ivanti Neurons for UEMは、Googleゼロタッチ(Google Zero Touch)およびAppleビジネスマネージャー(Apple Business Manager)と完全に統合されており、シームレスなオンボーディングが可能です。

モバイルデバイスを安全に

モビリティを受け入れ、ユーザーが、様々なエンドポイントにわたって企業情報を保護するためのセキュリティ対策があるという自信を持ってどの様なデバイス上でも作業できるようにします。 モバイルデバイス向けに構築されたIvanti Mobile Threat Defense は、デバイス上で継続的に実行されるように最適化された機械学習アルゴリズムを使用しており、オフラインの状態でも危険を検知します。

ITオペレーションの拡張

オーバーヘッドを削減し、エンドポイント管理を簡素化する単一の統合されたインターフェースを通して、すべてのエンドポイントをセキュアに管理します。

1つの統一されたシステムで、貴社のすべてのユーザーのデバイスを管理し、保護することができます。
デスクトップからタブレット、スマートフォンまで一貫したインターフェース体験とナビゲーション体験を提供します。
選択すべき 両方の長所を生かし、EMMを介してデバイスを管理するだけではなく、強力なエージェントベースの管理スタイルを利用する選択肢もあります。
エンドポイントセキュリティと組み合わせることで、侵入された場合に影響を受けるデバイスを簡単に分離し、ソフトウェアを自動的にプッシュして、デバイスをネットワークに戻します。

貴社の従業員とIT部門を強化します

場所にとらわれない働き方が続くにつれて、IT部門はユーザーからのニーズの対応が増えてきています。 Ivanti Neurons for UEMは、リモートワークをシームレスに導入・サポートし、IT部門とユーザーの生産性を維持し、セキュアなモバイルデバイス管理を容易に実現します。

Ivanti Neurons 統合エンドポイントマネジメント

単一の管理コンソールですべてのエンドポイントを管理できます。

Ivanti モバイル脅威対策

脅威のターゲットとなるモバイルデバイスを保護し、修復します。

自信をもってモバイル化を受け入れることができます

貴社の環境におけるモバイルデバイスを効率的に管理および保護する統合エンドポイント管理機能です。

モバイルデバイス管理
モバイルデバイスの管理

モバイルデバイスの在庫、設定、管理を簡素化します。 簡単にプロファイルを作成したり、制限を適用したり、セキュリティポリシーを設定して適用できます。

モバイルアプリケーション管理
モバイルアプリケーションの管理

アプリをデバイスにプッシュしたり、アプリを拒否または許可したり、アクセスのルールを設定することができます。 社内の企業アプリや、iTunesやGoogle Playのサードパーティアプリを管理できます。 スマートポリシー(役割、場所、デバイスの種類などの条件)に基づいてアプリをインストールすることも、削除することもできます。

モバイルセキュリティ管理
モバイルセキュリティの管理

デバイスの紛失や盗難の際には、セキュリティを維持するために企業のアプリケーションを選択的に消去できます。 ジェイルブレイクされたデバイスやルート化されたデバイスを検知し、パスワード基準やその他の設定を実施し、企業のネットワークやデータに対するデバイスのアクセスを制御できます。

モバイルデバイスオンボーディング
モバイルデバイスのオンボーディング

AppleのVolume Purchase Program(VPP)またはManaged Google Playを使用すれば、パブリックアプリケーションを簡単に調達し、配布できます。 Apple Business ManagerとManaged Google Playは、すべてのiOSとAndroidのモバイルデバイスにアプリを展開する目的で使用できます。

最前線に働く人たちのためのモバイルデバイス
最前線に働く人たちのためのモバイルデバイス

倉庫内およびサプライチェーン全体のテクノロジーを活用することで、堅牢で実体感のあるデバイスや、キオスクを簡単に移行させ、現代的に変えて使用可能にできます。 ITやホストシステムを修正したり交換したりせずに、精度や効率を改善できます。