Apple/Mac製品のデバイスを管理

成功事例

グラニット学校区が教育における最重要使命をどのように達成したかをご覧ください。

企業向けのApple製品の管理には。

Gartner社のレポート

クライアント管理ツール市場に関する情報をGartner社が発行。

iOSとmacOSの双方を混合環境で管理

ご存知のとおり、iPhones、iPad、MacなどのApple製品は今も多くの企業によって採用されています。MacをはじめとするApple社のデバイスを他の製品と併せて管理する必要がある場合、現在のトレンドとして、統合エンドポイントマネジメント戦略の一環として、全エンドポイントを管理するという動きが見られます。

Appleのユーザーが望んでいるのは権限の強化であり、必ずしも管理されることではありません。Ivantiのソリューションならば、iOSとMacの双方を混合環境においてユーザーレベルで管理できます。これらはいずれも、PC/モバイルデバイスマネジメントで用いられているものと同一のワークフロー内で実現します。

企業向けのApple製品の管理

ITチームは自身の環境の全体像を把握し、リスクに関して入念に調べ、デバイスがどのように用いられているかについて視覚的に把握する必要があります。アクションを講じるために必要な洞察力を得ましょう。方法については、Gartner社による分析をご覧ください。

教育管理
教育現場のテクノロジーやデバイスを安全に管理します。
エンドポイント管理プロセスを統合
Mac/iPad/iPhoneでも、他のPC/モバイルプラットフォームでも、普遍的に構成を変更してパッケージを追加します。
資産、コンプライアンス、コストの管理
罰金、修正コスト、ライセンスの過剰購入、電力の過剰消費といった、純損失を左右する項目に伴うリスクとコストを管理します。
デバイスのセキュリティの強化、アプリの最新状態の維持
脆弱性が生じないよう、すべてのものを最新の状態に維持しましょう。ウイルス、ランサムウェア、ユーザーによる構成変更といった、セキュリティ攻撃やリスクに対処しましょう。
ユーザーとIT部門の生産性を向上
ITタスクを自動化しつつ、よりモダンなエクスペリエンスを全ユーザーに提供できるようになります。IT管理者が複数のコンソール間を飛び回る必要もなくなります。
可視性とコントロールを維持
Appleデバイスは典型的なBYODデバイスです。これらを検出して管理下に置くことで、該当するユーザーと関連付けることが可能となります。

Appleユーザーが企業内で使用できる機能を強化

最終的なエンドポイントはユーザーです。Ivantiのソリューションでは、Appleデバイス上でのIT作業が自動化されることで、IT部門の生産性が向上する一方、最新のモダンなエクスペリエンスをユーザーに提供されます。私たちの同業者であるIT担当者にとって喜ばしいのは、Windows/モバイルデバイスと並行してMacを管理/保護するために、管理者が複数のコンソールまたはマネジメントパラダイム間を飛び回る必要がなくなったということです。

Endpoint Manager (旧LDMS)
システム管理機能を組み合わせることで、エンドポイント管理を統合しましょう。
Endpoint Security for Endpoint Manager
システム管理に統合されたセキュリティを運用。

Mac管理の実績

私たちは長年にわたり、お客様によるMacの管理をお手伝いしてきました。今ではあらゆるmacOSとiOSデバイスに対し、実績のある企業モビリティマネジメント(EMM)機能をご提供しています。

ソフトウェアライセンスを再取得

ソフトウェアの使用状況について追跡することで、全体的な資産管理の一環として、ソフトウェアライセンスの最適化が促進されます。使用されていないライセンスを再取得し、必要とされている場所に再度割り当てましょう。

Mac OSとアプリにパッチを適用

Apple OSがリリースされるたびに、時間をかけてマシンを更新する必要が生じます。そこで、Macサーバーなしに新たなmacOSバージョンを実装しましょう。Windows管理対象のデバイスに用いるものと同じパッチプロセスを介して、Macまたはサードパーティ製アプリケーションにパッチを適用できます。

セルフサービス型のポータルを用意

ITシステムを操作するために必要とされるものがすべて備わった、エンドユーザー用のワークスペースを提供することで、会社が承認したアプリ、資産、コンテンツ、サービスに一か所からアクセスできるようになります。Apple MDM機能を用いて接続し、Device Enrollment Program(DEP)とVolume Purchase Program(VPP)を介してApple App Storeを活用しましょう。

ソフトウェアとパッチの展開をスピードアップ

わずか数分の間に、パッチが数千にも及ぶマシンに実装されます。オペレーティングシステム、ソフトウェア配布、パッチプロジェクトの整理と自動化、ならびに各種グループへのユーザーへの展開は、複数の実装段階を経て実施されます。これにより、エンドユーザーの操作なしにソフトウェアをインストールしたり、セルフサービス型のエンドユーザーワークスペースに掲載したりすることが可能となります。

Macのプロビジョニングと実装を簡素化

プロビジョニングテンプレートを使用してアップグレードプロセスを自動化しましょう。例として、ユーザーとのやり取り、あらゆる対応/ライセンス済みアプリケーションの構築、Mac OSイメージの標準化が挙げられます。MacサーバーなしでmacOSを実装することもできます。

Macをリモートで管理

わずか5分で修理できてしまうもののために30分もかけて移動する必要はありません。HTML 5ベースの遠隔制御を駆使すれば、どのデバイスからでもMacを安全に管理できるため、ユーザーの問題が効率よく解決されます。

Appleユーザーを対象に加える

IvantiのソリューションでAppleデバイス上のIT作業を自動化