ご相談くださいSCCM内でユーザーに適切な権限の付与・管理が出来ます

権限管理の問題

アプリケーションレベルでアクセス権を管理してユーザーの生産性とセキュリティのバランスを取ります。

権限管理を含む効果的な多層セキュリティ戦略。

ランサムウェアに対する防御

FBIは防御のための9つのステップを推奨しています。 中でも権限管理は上位に入っています。

統合されたアプリケーション管理

SCCMで管理を強化

アプリケーション管理は、ゼロデイ攻撃を阻止し、攻撃されやすいレガシーシステムを保護するために必要不可欠です。 しかしながら、従来の方法はユーザーを抑制し、IT部門に多大な負担をかけ、新たに大量のセキュリティの問題を引き起こしています。

アプリケーション管理にSCCM経由で詳細な権限管理を組み込めば、ユーザーはたとえ管理者権限を奪われたとしても、シャドーIT(個人用のデバイスを許可なく使用すること)など別の方法に誘惑されることがなくなります。 また、IT部門は様々なツールに対応するため膨大な時間を費やす必要がなくなります。  

アプリケーション管理を強化

SCCMを補完し拡張する権限管理を使って、IT部門とユーザーのセキュリティを簡単に強化します。  

制限をなくす
収益創出と効率向上のためにディスカバリと最新のツールの展開に時間を使い、真のビジネスパートナーになりましょう。
コンプライアンスを維持
権限管理は、SOX法(サーベンス・オクスリー法)などのコンプライアンス要件の必要性を満たします。
信頼できるアプリを簡単に実行可能
ユーザーの役割や場所、デバイスなど状況に応じて、許可されたアプリのみが実行されることを保証する上で役立ちます。
バランスを取る
自己昇格機能で詳細な管理を実現します。 マルウェアを寄せ付けず、ユーザーを満足させ、ITチームの悩みの種を取り除きましょう。

Application Controlのアップグレード

かつてないほど進化を遂げている現代のセキュリティを取り巻く環境において、従来のツールは頼りになりません。 必要な機能を発揮するツールが必要です。 IT部門に過剰な負荷をかけずにリスクを軽減

Application Control
動的なホワイトリスト化と詳細な権限管理でセキュリティに対する姿勢を強化します。
[製品概要]
[製品概要]
[製品概要]

アプリケーション管理に対する要求が高まっています

セキュリティがどんどん脆弱になり、生産性を維持するためユーザーがかつてないほどアプリへのアクセス権を必要としている現代において、従来のアプリケーション管理は効果的ではありません。  

ワークフローの統合

SCCM経由で簡単に構成を実装、展開できます。

ゴールドイメージ

デスクトップを最終ビルドの状態に維持します。

ポリシーエンジン

状況に応じたポリシーに基づいて動作するエンジンを使って、速やかにアクセス権をユーザーに付与できます。

ライセンス管理

確率された合意に基づいてアクセス権が付与されている場合コンプライアンスを維持できます。  

自己昇格権限

制限された権限に関わらず、一定期間許可されているアプリを実行できる機能をユーザーに付与できます。  

信頼できる所有権

許可されているシステムやユーザーによってインストールされていない限り、不明なアプリケーションを実行できないようにする上で役立ちます。

APPLICATION CONTROL 管理を増強。

権限管理によってもたらされる変化をご確認ください。