お悩みを解決します ネットワーク上の資産を検出&インベントリを作成

正確に資産を可視化

IT環境を隈なくすべて把握することは極めて重要です。

数分で正確かつ実用的な資産情報を取得します。

可視化の範囲を拡大し、すべてを明確に把握し、決断力を持って行動する

IT環境について理解を深めれば、企業にとって良い結果を招くことができます。

Ivanti Neurons for Discovery

数分で正確かつ実用的な資産情報を取得

自社ネットワークに接続されているIT資産すべてをリアルタイムで検出しインベントリを作成します。これにより、すべてのハードウェアとソフトウェア資産に関してだけでなく、クラウドとエッジ環境に関しても正確かつ実用的な情報をわずか数分で取得することができます。

独自のクラウドベースの標準化および調整エンジンに動的および静的検出技術を組み合わせることで、ROA(総資産利益率)、問題解決にかかる時間、セキュリティ、資産の全体的なパフォーマンスの向上を支援します。

常にネットワーク上に存在する資産を把握

追跡用のスプレッドシートから卒業し、行方不明の資産をなくしましょう。Ivanti Neurons for Discoveryは、数日ではなく数分で信頼できる単一の情報源を提供し、正確かつ実用的な情報の入手を可能にします。新たなデバイスや不明なデバイスがネットワークに接続された場合、常にその情報を把握できます。

データの整合性を図る
複数のサードパーティーまたはその他の情報源からデータを取得します。調整と標準化を通して情報の整合性が取れたデータを実現します。
悪質なアクセスポイントを検出
各サブネットに存在するエンドポイントを自動的に指定し、ネットワークに突然出現するワイヤレスアクセスポイントをすべて特定します。
何ひとつ見逃さない
常に監視を怠らないネットワーク自警団のごとく、何かが出現した場合には、たとえ出現時間が一瞬であっても確実に捉え、捉えたものに付随するものをすべてインベントリに追加します。
接続を可視化
デバイス、ソフトウェア、資産、そして各資産のユーザー間の関連性を可視化します。
データを可視化し、カスタマイズされたレポートを生成
データが可視化されたインベントリデータを検索するか、カスタマイズされたレポートを作成し、十分な情報に基づく判断を可能にします。
インターネットに接続されているデバイスのインベントリ
システム/デバイスは、インターネット経由で接続されているため、リモート環境に存在するシステム/デバイスのインベントリを作成します。VPNは不要です。
すべてのソフトウェア資産を検出
使用状況に関する詳細な情報と共にすべてのソフトウェアがリストアップされている総合的なリストからメリットを得ることができます。
常時検出
すべてのネットワークセグメントに存在するデバイスをリアルタイムで検出します。

資産への投資をより適切に管理、サポートし、保護します

資産検出とインベントリ作成機能は、効果的なエンドポイント管理、資産管理、サービス管理、セキュリティ管理の要となります。

ハイパーオートメーションプラットフォーム
Service Manager
IT部門とIT部門の枠を超えてサービス提供を最新化
Asset Manager
総合的な資産管理
Unified Endpoint Manager
あらゆるユーザーデバイスの統合エンドポイント管理

信頼できる資産検出

Neurons for Discoveryは、動的スキャンと静的スキャン、ネットワークスキャンとサードパーティー製コネクタを使用してリアルタイムでの資産の可視化を実現し、構成管理データベース(CMDB)/資産管理データベース(AMDB)に入力するためのハードウェアとソフトウェアの標準化されたインベントリ、ソフトウェアの使用状況、実用的な情報を提供します。

静的および動的検出は、管理対象のデバイスはもちろん、管理対象外のデバイスもすべて検出します。たとえファイアウォールで保護されているとしても、ネットワークに接続されたデバイスをリアルタイムで検出します。

デバイスが検出されると、綿密なインベントリ作成サービスによってIP接続のデバイスやサービスがすべて徹底的に調べられ、入手できる情報をすべて取得します。取得される情報には、ネットワーク接続に関する情報や、ハードウェアの詳細、メーカー、デバイス上で実行中のソフトウェアといった情報が含まれます。管理下のデバイスについては、インベントリでソフトウェアの使用状況に関する情報も確認できるため、ソフトウェア資産の管理に役立てることができます。

Cloud Services Applianceは、インベントリ管理目的でインターネット経由で接続するリモートデバイスにアクセスする際、安全にアクセスすることを可能にする管理ゲートウェイです。コストのかかるVPN接続を使用せずにクラウド経由でアクセスできるインベントリシステムです。

データをクリーンアップし、同じデータを示すために使用されている名前の件数を減らします。ITデータの名前をすべて標準的な名前に変更し、構造化し、分類します。

ネットワークのセキュリティスキャンでは検出されない、複数のソースからデータを取得します。コネクタには、ハードウェアの保証に関する情報、ベンダーのライセンス規則、リセラー提供の購入情報といった、B2Bデータを組み込むことができます。またコネクタを使用すれば、ITインベントリのデータベースサービス管理用の構成管理データベース(CMDB)など他のデータと相互接続することもできます。

他のビジネスデータベースのデータと共に収集したすべてのデータを可視化します。事業価値ダッシュボードを作成します。もしくはトレンド、異常、ライブデータをビジュアルレポートに表示します。

ネットワーク上に存在する資産を

簡単に把握できるようサポートいたします