アプリケーションに音声機能を追加

製品仕様

音声機能の導入にはSpeakeasyがお勧めの理由とは。

音声がどのように完璧な注文率を伸ばせるかご紹介します。

生産性は充実していますか?

ボイステクノロジーを用いて、倉庫業務の価値を最大限にスリには。

音声機能とKPI

生産性のKPIをSpeakeasyで達成

毎年のように、企業は従業員の生産性を5%以上向上する方法について苦労しながら模索しています。過去にも音声機能の導入を検討されたことがあるのではないでしょうか?おそらくコストが高すぎる、または、使いにくいと思われたことでしょう。あるいは、単に期待していた結果が得られなかったのかもしれません。

しかしながら、それは昔の話であり、現在の音声機能の技術は進化を遂げています。業務全体を変革させられる可能性がありますので、是非ともご検討ください。

両手が空いた状態で、前を向いたまま作業ができることで、さまざまな利点が得られます。倉庫での探し物や画面内の検索に時間を取られてしまい、効率が悪くなることはもうありません。この機能により、常に歩きながら、そして話しながら、作業を進めることが可能となります。

音声機能は、倉庫業務の生産性を向上するためのツールです。

効率性の向上、コストの削減を望んでいるのはどの企業様も同じです。問題は、「それをどのように実現するか」ということです。最良の方法のひとつとして、音声対応アプリケーションの使用が挙げられます。多くの倉庫業務での生産性が奪われている最大の要因は、無駄な移動時間です。そこで、作業員が歩きながら、もしくは話しながら作業ができるようにすることでこの問題は改善します。

研修の必要性を低減
実際のところ、研修に時間は全くかかりません。Speakeasyは、話すことができる人物であれば誰にでも使用できます。
音声機能を選別使用が可能
音声機能はマルチメディアデータ収集ソリューションの一要素です。バーコードスキャンニングやキーエントリーなどと併せて音声機能を導入すれば、データ収集プロセスが最適化されます。
音声機能を自社テクノロジーに追加
音声機能は既存のテルネットおよびWebアプリに簡単に追加できます。さらに嬉しいことに、現行のホストアプリケーション(WMSやERPなど)に変更を加える必要はありません。
ROIを短期間で実現
当社のソリューションはコストが低く、短期間に導入でき、トレーニングも簡単のため、費用はあっという間に回収できます。お客様の中には、ROIをわずか90日間以内で達成した企業様もいらっしゃいます。
監査は不要
倉庫によっては毎回ほぼ100%に近い監査が実施されている場合もあります。スキャンと音声機能を用いることで、実質的にあらゆる監査を回避できます。これは、大きな時間の節約となります。(東芝様は25%もの時間節約に成功しました)
音声操作による作業を実現
既存のアプリケーションでは、作業員はワークフローに従って次の指示に対するデータの入力、または、確認がありますが、音声機能を使用すれば、画面の確認とキーの入力をスキップできます。
生産性を飛躍的に向上
作業員は立ち止まって画面を確認し、スキャンしてから再度確認する必要がなくなるため、話しながら、または、移動しながらも作業が進みます。生産性が劇的に向上し、新しい目標設定のチャレンジへの可能性も広がります。
最短の導入期間
大手企業のお客様の多くは、音声機能の導入期間について不安を感じますが、Wavelinkへの導入期間は、わずか30日間で完了しました。その他にも短いケースもあります。

東芝様のように、$500,000の費用を削減することも可能です。

Speakeasyの導入がいかに簡単であったか、またはどれくらいの費用を削減できたかをお客様からお聞きすることは私たちにとって何よりの喜びです。東芝様のスタッフによれば、Speakeasyを導入する前はプロセスが煩雑で時間もかかっていたとのことです。2段階から成る選別プロセスにおいて使用していた装置は重く、キーによるデータ入力に依存していました。作業員は物理的にバーコードをスキャンし、データを入力する必要があったのです。そのため注文のたびに想定の25%を越える時間を要していました。そこで音声ソリューションの検討を始め、大量のリサーチを経てSpeakeasyをお選びいただいた次第です。

Speakeasy
皆様に合った音声機能
音声機能に対応。
Velocity
Android向けの最新テルネット/Webアプリ。

倉庫業務に利益をもたらす音声機能

音声機能は見た目がクール、楽しそう、あるいはこれまでとは違うというだけではありません。音声機能によって費用を削減し、従業員の生産性を高めることができます。

データ収集

スピーチのテキスト化、またはテキストのスピーチ化により、バーコードスキャンとRFIDを介したデータ収集、あるいはキーボードによるデータ入力が補完されます。要は、話すだけで作業が進むという、すばらしいシステムなのです。しかも、時間と費用を節約することも可能です。

音声機能は新旧のアプリケーションに対応

音声機能はWindows Mobileデバイスの既存のテルネット/Webアプリケーションに追加できるだけでなく、新たなAndroidデバイスの実装にも導入できます。

ミドルウェアまたはインターフェースの購入は不要

Speakeasyはホストシステム向けのモバイルアプリケーションインターフェースを利用するため、費用のかかるアドオンソフトウェアは不要です。

独立した接続オプション

Speakeasyは、デバイスベースの音声処理を用いることから、サーバーに接続して音声をエンコード/デコードする必要はありません。お客様の多くはこれまでにボイスソリューションを採用しなかった理由として、帯域幅とサーバーを挙げています。これらの懸念はもはや過去のものです。

音声機能を追加して生産性を向上

テストドライブにご興味のある方は