Ivanti Neurons

クラウドからエッジまでを対象とした自己修復、自己保護、セルフサービスのためのハイパーオートメーション

ハイパーオートメーションのメリット

主体的かつ予測通りに継続的にデバイスを自己修復&自己保護し、エンドユーザーにセルフサービスを提供します。
動画はこちら

クラウドからエッジまで管理

新たな次元のスピード、精度、コスト効率を実現
詳細はこちら

複雑な課題を克服

ITは永遠に変わりました。急速な成長と最新のITに関する課題に企業はどう対処していけばいいのでしょうか?

インフォグラフィックはこちら

Ivanti Neurons

急成長と複雑な状況に対処する手段

ますます異なる世代の混在が進む職場において各世代の社員のニーズ、ITの使い方に関する希望の変化、働く場所や時間を問わない働き方を求める声に対応しなければならない状況が、サービス提供に対するIT部門の従来のアプローチに課題を突き付けています。

IoTデバイスが接続されているエンドポイントとクリティカルなワークプレイス、通信量、エッジでのデータの生成量の爆発的な増大に加え、セキュリティの脅威が高まっていることもあり、IT資産と人材を保護し、サービスを提供する方法には進化が求められています。

Ivanti Neuronsは、企業がIT分野におけるこの急成長と複雑化に対処できるよう支援することを目的としたハイパーオートメーションプラットフォームです。

Ivanti Neuronsは、バッテリーパフォーマンスなどのデバイスの状態をプロアクティブに監視することで、これまでも、そして今後も、資産や保証の管理において大幅な節約を実現します。リアルタイムの実用的なインテリジェンスを提供します。そして自動化やより優れた情報を持つ決定により、ユーザーの生産性を維持します。
ダニエル・ボルトンキングストン大学ヘッド・オブ・テクニカルサービス

Ivanti Neurons

Ivanti Neuronsは、企業がIT分野におけるこの急成長と複雑化に対処できるよう支援することを目的としたハイパーオートメーションプラットフォームです。

自律型エッジ:エンドポイントから自己修復エッジへ

デバイスのパフォーマンスを最適化し、構成ドリフト(逸脱)を最低限に抑え、生産性の維持とシステムの健全性とセキュリティを自動化します。

アダプティブセキュリティ:リアクティブから自己保護エッジへ

セキュリティの問題を継続的に感知、発見、検出し、セキュリティの脅威を予測し、予測された脅威を優先し、エンドユーザーが問題が存在することに気付く前に問題を主体的に修正します。

アンビエントエクスペリエンス:オムニチャネルからセルフサービスの自動化ボットへ

ユーザーのニーズを満たすため、状況に応じてパーソナライズされた予測通りの体験をエンドユーザーに提供します。ユーザーが所有しているデバイスをすべて検出する機能を組み合わせることで、ユーザーの好みを把握し、パフォーマンスを最適化し、構成ドリフト(逸脱)を最低限に抑え、セキュリティの脆弱性をすべて予測し、解決します。

エクスペリエンスを改善。結果を改善。

ベーシックなワークフローの自動化からハイパーオートメーションに移行することにより、さらに速やかに、さらに高い精度で、最適化されたコストで、エンドユーザーにアンビエントエクスペリエンスを提供できます。

高速

サービスを数日や数週間ではなく、数分または数秒で提供します。

高精度

高度な人工知能(AI)/機械学習、ディープラーニング(深層学習)、ハイパーオートメーションのユースケースを活用し、サービスの精度を80%~90%向上します。

最適化されたコスト

高速と高精度の絶妙なバランスを取り、市場で価格競争力を維持しつつ、ハイパーオートメーションを活用します。

満足度の高いエンドユーザーエクスペリエンス

追加コストを請求するのではなく、自動化を通していつでもどこでもエンドユーザーにプレミアムレベルのエクスペリエンスを提供します。

Ivanti Neurons

クラウドからエッジまでを対象とした自己修復、自己保護、セルフサービスのためのハイパーオートメーションプラットフォーム

Ivanti Neurons for Discovery

数分で正確かつ実用的な資産情報を提供するNeurons for Discoveryは、動的スキャンと静的スキャン、ネットワークスキャンとサードパーティー製コネクタを使用してリアルタイムでの情報の可視化を実現し、構成管理データベース(CMDB)/資産管理データベース(AMDB)に入力するためのハードウェアとソフトウェアの標準化されたインベントリ、ソフトウェアの使用状況、実用的な情報を提供します。

詳細はこちら
Ivanti Neurons for Edge Intelligence

Neurons for Edge Intelligenceによりアナリストは簡単にすべてのデバイスに対してクエリを実行し、リアルタイムの情報を得ることができます。「Smart」ダッシュボードでは以下に関する情報がリアルタイムで提供されます:1) センサーベースの拡張可能なアーキテクチャを活用するエッジデバイスの運用上の認識(オペレーショナルアウェアネス)、2) アクティビティのトレンド、3) リアルタイムの操作。

詳細はこちら
Ivanti Neurons for Healing

Neurons for Healingは、問題を主体的に診断、修復するため自動ボットを提供します。日常の定型業務の自動化は、本格的な自己修復環境を構築するための道筋を作り、定型業務に費やされている時間的負担を軽減し、IT関連の課題に集中して取り組むことを可能にし、社員の満足度を向上します。

詳細はこちら
Ivanti Neurons for Patch Intelligence

Ivanti Neurons for Patch Intelligenceは、管理されている機械学習アルゴリズムと管理されていない機械学習アルゴリズム経由で、脆弱性修正のため取り組みに関するSLAを速やかに確立することを可能にします。集約化された単一の場所で、パッチ管理プログラムに関する情報を簡単に調査し、優先順位付けし、理解を深めることができます。

SLAを速やかに遵守
Ivanti Neurons for Spend Intelligence

Ivanti Neurons for Spend Intelligenceは、オンプレミス、クラウド、エッジ環境に存在するソフトウェアの状況とアプリケーションへの支出に関する情報を速やかに提供し、業務速度、資産に関する情報把握、資産の活用、コスト管理の改善を支援します。

アプリケーションコストの最適化
Ivanti Neurons Workspace

Neurons Workspaceは、デバイス、集約化されたインベントリ、リアルタイムのデータ、アクションに関する全方向からの見解/情報を提供することで、問い合わせ窓口のアナリストが、これまで専門スタッフに解決を委ねていた問題を解決することを可能にする「シフトレフト」アプローチを実現します。ユーザーとデバイスに関するビューにより、複雑な手続きや長い待ち時間がなくなり、ほぼすべてのエスカレーションに関連する高いコストが削減されるため、エンドユーザーは業務を妨害されずに、速やかに解決策が得られます。

詳細はこちら