すべては、資産を可視化することから始まります

ITコストを予算に合わせて調整することから、脆弱性を最小限に抑えること、サービス提供を改善することに至るまで、お客様の達成したいことが何であれ、最初のステップは先ず、ご自身で所有しているものが何なのかを知ることです。 資産に関する正確で実用的なインサイトが、ほぼ全ての基盤である理由をご覧ください。

資産の可視化が、すべてを可能にします。

管理します

知らないものは、管理できません。 ネットワークに接続している全てのデバイスを検出し、ライフサイクルの最初から最後まで効果的に管理します。

安全に保ちます

自分が何を所有しているかを知らなければ、それらを守ることはできません。そして、知らないことは深刻なセキュリティリスクを生み出します。 IT資産全体が効率的にパッチされていることを知れば、安心できます。

補修します

データが不十分では、優れたサービスを提供することはできません。 情報に基づいた意思決定を行い、より効率的に補修依頼をこなすために、状況に応じた情報を常に利用できる状態に保ちます。

保存します

コストを最適化し、活用されていないソフトウェアを削減することによって、可視性を価値に変えます。 新規に購入する前に、未使用のライセンスを検出して既存の資産を再利用します。

資産データを活用するためのロードマップ

IT資産の全体像を把握し、それを価値あるインサイトに変えるためのステップバイステップ・ガイド

検出

ご自身が何を所有しているのかを知ります

ネットワークに参加している新しいデバイスまたは未知のデバイスを即座に検出するために、能動的スキャンと受動的スキャンの両方を活用してリアルタイムで可視性を取得します。

インベントリ管理

ご自身が所有しているものを追跡します

唯一の正しい情報源として機能する包括的な資産リポジトリを活用して、スプレッドシートの難行苦行から逃れます。

正規化と照合

ご自身が何を所有しているのかを理解します

正規化と照合を自動的に行い、IT資産を数日単位ではなく、数分単位で明確に把握します。

インベントリの充実を図ります

ご自身の所有しているものを、よりよく理解します

お客様の環境を360度を見渡せる状態で、使用状況データ、契約、保証、パッチ状況などを取り込みます。

資産のライフサイクル管理

お客様が現在所有しているものを、効果的に管理します。

迅速かつ効果的に資産を調整して補修するために、調達から受領まで、導入から廃棄まで、資産を追跡します。

費用の最適化

使用した分だけを支払います

未使用のソフトウェアライセンスを検出して、不要なクラウド費用を削減するために使用状況を即座に把握します。

弊社は、Ivantiを活用することによって、すべての資産を最新のITSMインターフェースに取り込んでいる最中であり、インベントリを管理するための行動、ルール、プロセスを確立していく予定です。これにより、どのような資産があり、どのようなソフトウェア・ライセンス料を支払っているのか、より正確に把握できるようになるでしょう。

それを可能にする機能

資産の能動的検出と受動的検出

クラウドサービスに接続するデバイスを含め、ネットワークに接続されているか否かに関わらず全てのデバイスを検出します。

正規化と照合のためのエンジン

すぐに自動化が可能です-もう面倒な手作業による相互参照(クロスリファレンス)は必要ありません。

ソフトウェアとクラウド支出の最適化

調達したものと実際に使用されているものとを照合し、過剰支出を削減します。

サービスのマッピング

重要な資産と、それに依存するサービスやアプリとの間の関連性を自動的に検出してマッピングします。

直ちに稼働可能な構成管理データベース

UEM、ネットワークゲートウェイ、クラウドサービス、ITSMの情報を統合することで、全データを容易に把握します。

資産のライフサイクル管理

パフォーマンスとコストを最適化するために、契約やベンダー管理を含め、IT投資をライフサイクルの最初から最後まで管理します。

コネクタ

複数のデータソースを統合して、お客様のIT資産を360度見渡せるようにします。

統合

IT部門の課題やセキュリティの脆弱性を先読みして修正するために、ITSMやセキュリティプロセスと統合します。

次のステップに進みましょう

IT資産の可視化が、お客様の実現しようとしている全てのものの基礎をどの様に築くかをご覧ください。今日から、IT資産への投資を管理し始めましょう。