Ivanti Virtual Desktop Extender

ローカルアプリケーションとホストアプリケーションをシームレスに統合

詳細を見る

Ivanti Virtual Desktop Extender(VDX)は、ローカルで実行できるアプリケーションを組み合わせることで、リモートデスクトップと仮想デスクトップをより一層シームレスにするユニークな機能を提供します。

データシートをダウンロードする
デモを見る

Ivanti Virtual Desktop Extenderを利用することにより、仮想環境でローカルアプリケーションの使用がどのようにをシームレスになるかをデモビデオでご覧ください。

今すぐ見る

唯一のエクスペリエンス:物理的そして仮想的に

真に統合されたデスクトップエクスペリエンス

Ivanti Virtual Desktop Extenderは、ローカルコンピュータの基本的な処理能力、グラフィック機能、周辺機器を使用する際に、ローカルで実行できるアプリケーションを組み合わせることで、リモートデスクトップと仮想デスクトップをより一層シームレスにするユニークな機能を提供します。

ローカルアプリケーションは、リモートデスクトップや仮想デスクトップにシームレスに統合され、一貫したデスクトップエクスペリエンスの中でサイド・バイ・サイドのリモートアプリケーションとなります。

アプリケーションのグラフィックやメモリ、プロセッサの負荷がより大きなものになると、「リバースシームレス」機能がより必要不可欠なものになります。 Ivanti Virtual Desktop Extenderは、仮想化導入への過程で発生する可能性のある問題の克服に大いに役立つものです。

仮想デスクトップと物理デスクトップの両方を一つの画面で表示できる機能は、特に多くの学生がAutoCADのようなリソースを大量に消費するアプリケーションを使用するため、私たちにとっては重要でした。 Ivanti Virtual Desktop Extenderを使用することで、仮想化に向かないと思われるアプリケーションの課題を克服することができました。


仮想デスクトップへの移行、または仮想デスクトップを統合するための障壁を取り除きます。

社員に独自のワークスペースを提供し、アプリケーションごとにローカルなコンピューティング資源を最適化し、より素晴らしいユーザーエクスペリエンスをもとに、組織全体を通してVDIを採用することへの抵抗感を排除します。

シームレスなユーザーエクスペリエンス

ローカルデバイスからでもデータセンターからでも、シームレスなユーザーエクスペンスでアプリケーションを実行することができます。 これによりデータセンターに機密性の高いアプリをホストすることが可能になり、ユーザーはローカルアプリを自由に実行できるようになります。

物理的にも仮想的にもミックスアンドマッチ

仮想環境と物理環境のアプリを1つのワークスペースに統合することにより、セッションを切り替える必要がなくなります。

仮想環境に重いアプリを追加

仮想環境内でAutoCADやPhotoshopなどの「重いアプリ」への簡単なアクセスを社員に提供できるようになります。

BYODサポート

自身のデバイスを持ち込む社員は、一元的にホストされている企業環境に危険な影響を与えることなく、ローカルで希望のアプリを実行できます。

リバースシームレステクノロジー

仮想デスクトップでもホスト型デスクトップでも、ローカルアプリケーションをリモートデスクトップに統合します。

互換性

Ivanti Virtual Desktop Extenderは、インデペンデント・コンピューティング・アーキテクチャ(ICA)、リモート・デスクトップ・プロトコル(RDP)、およびPCoIP仮想チャネルを通してデジタルワークスペースを拡大します。

Workspace Controlとの完全な統合

Virtual Desktop ExtenderはIvanti Workspace Controlに完全に統合されているため、プリンター情報、ローカルデバイスの位置情報、IPアドレスをローカルセッションとリモートセッションで共有することができます。

簡単なインストール

複雑な設定をすることなく、簡単にインストールできます。

障壁を取り除く

より素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供することにより、組織全体でVDIを採用することへの抵抗感を取り除きます。