(Wavelink搭載)

Velocity

リスクなく既存のTelnetとウェブアプリをAndroid、iOS、Windows 10に移行できます
機能の移行と強化

TelnetとWebベースの機能を単一のクライアントに統合し、運用上の卓越性を実現。

動画はこちら
最新のモバイルデバイスに移行
Android、iOS、Windows 10の携帯デバイスとモバイルコンピューターに同じアプリを展開できます。
データシートはこちら
IIoTへの拡張

統合、データ収集、追跡、業務効率に影響を与える問題の迅速な発見 。

動画はこちら

パワフルな自動化で倉庫を拡張し、強化する

Ivanti Velocityフレームワークは、運輸、物流、小売、ヘルスケア、製造業などの企業がtelnetやWebベースのアプリケーションの機能を強化し、「未来の倉庫」に向けて業界を動かすことを可能にします。

SAP S/4HANAの認証を受けた唯一のブラウザであるVelocityを利用すると、SAP EWMとITSmobile Systemsをサプライチェーンでより活用することができます。

生産性を上げるための適切なツールを作業員に提供しましょう。

ウェアハウスでは非常に速いスピードで業務が行われていますが、毎年毎年さらなる生産性の向上が要求されています。 顧客からの要求により、その圧力はさらに高まり、予算を大幅に超えるレベルとなっています。

作業員の生産性を飛躍的に向上

現代のパーソナルデバイスによくあるマルチタッチエクスペリエンスをミッションクリティカルのアプリケーションに取り組みことでビジネスを前進させます。タスクスクリーンによるナビゲーションを加速し、作業員も素早く正確にデータを入力できるようになります。

Webやホストシステムへの投資を守る

Velocityは、お使いのウェアハウス管理システム(WMS)や他のサプライチェーン管理システムと接続するため、ホストアプリケーションを移行したり修正したりする必要はありません。

作業員にとって最適のモバイルデバイスを選択

好みのデバイスの形、またはブランドはありますか? 問題ありません。 Velocityは、ほとんどのAndroid、iOS、Windows 10デバイスで利用可能です。デバイス製造業者の密接なコラボレーションにより、多くのデバイスには独自のテクノロジーアクセスが搭載されているのです。

今のモバイルデバイスのディスプレイを最大限に活用

テキストベースのホストアプリは、直感的で、ナビゲートが容易なタッチスクリーンを利用

最適化されたモバイルエクスペリエンスで生産性を向上

強力なスクリプト記述、および再フォーマット機能により、データ構文改正を自動化し、ワークフローをカスタマイズ

作業員を仕事に従事させる

セキュリティコントロールにより、作業員が生産性向上アプリを使用し、問題に陥らないようにする

ミドルウェアは必要なし

モバイルアプリとホストシステム間に複雑な構成(または経費)は必要なし

接続を維持しデータ損失を防止

弊社のSession Persistence Server(旧名:ConnectPro)によりネットワークパフォーマンスの課題であるTelnet接続の切断を防止します。