Patch for SCCM追加のインフラや研修なしに、SCCMコンソールからサードパーティ製アプリにパッチを簡単に当てることができます。

常に最新状態を維持

新たなパッチリリースのベストソース。 新たなパッチリリースに伴う課題は私たちにお任せください。

私たちのサポートにより、どのようにしてコストを低く抑えながらも、リスクが最低限に抑えられ、最新の状態を維持できるかご覧ください。

安全第一

パッチはITユーザーにとってシートベルトのようなものです。 簡単に実装する方法をご覧ください。

SCCMからのパッチ適用

リスクを削減しましょう。 アプリケーションとパッチの隙間を埋めます。

SCCMによってソフトウェアやアップデートがすべてのワークステーションに配布されているのであれば、その投資は十分に役立っているでしょう。 しかし、サードパーティ製ソフトウェアをアップデートするための、基本的な手動ツール以上のものが欲しいと思われたことはないでしょうか?

報告によれば脆弱性の大半がサードパーティ製アプリに潜んでおり、さらにはコンプライアンスにも順守しなければならないという状況を踏まえると、パッチの適用はもはや任意のプロセスとは言えません。 そこで当社が、この作業を容易にするお手伝いをいたします。 Shavlik搭載のIvanti Patch for SCCMは、SCCMコンソールを介してサードパーティ製アプリのパッチを検出/実装するプロセスを自動化することを目的とした、SCCMのプラグインです。

ピッツバーグ大学はこれまで、アプリケーションのアップデートに何日も費やしていました。 今では数分で行えます。

同大学のITチームにとって、パッチの適用はフルタイムにも相当する時間を伴う作業でした。 Patch for SCCMを採用したことで、今ではプロセス全体の所要時間はわずか1時間となっています。 私たちのサポートにより、ピッツバーグ大学のような機関が、どのようにしてパッチ作業をすばやく容易に行えるようになったかご覧ください。

今すぐアプリにパッチを適用しましょう。 適切なツールと専門知識を入手しましょう。

所有するアプリの数が多くなるほど、システムを最新の状態に維持するために長い時間を要するようになります。 Patch for SCCMをご利用になれば、リスクが軽減されるほか、節約した時間を中核となる事業目標の推進に当てることができます。 JavaやGoogle Chromeといった、最も困難とされるアプリも容易にアップデートすることが可能です。

ITをさらに活用
使い慣れたワークフローとSCCMの機能を活用して、重要なパッチ情報をすべてインポート、管理、動機、実装しましょう。
短時間でより多くのパッチを適用
自動的にパッチ情報がダウンロードされ、最大の攻撃対象となっているものも含む、数百にも達するアプリケーションに対してパッチが配布されます。
テスト済みの正確なパッチデータ
テストパッチの作成と実装における私たちの長年の経験と、大規模なプレダウンロードテストが網羅された、業界をリードしている当社のパッチデータベースをご活用ください。

SCCM用のネイティブプラグイン

すばやくインストールして、SCCMのパッチをすべて管理できます。

サードパーティ製ソフトウェアの総合カタログ

パッチをアプリに包括的に適用することでリスクが軽減されます。  

パッチをカスタマイズ

会社のポリシーに合うよう、個々のパッチを編集/カスタマイズしましょう。

レポート作成を簡素化

SCCMレポートでパッチ配布を検証できます。 オプションの役割ベースのダッシュボードレポートでは、セキュリティを向上させるのに役立つインサイトが提供されます。

私たちは常に、保護された状態を維持することに全力を注いでいますが、 今は以前ほど時間がかからなくなりました。
最高の機能だと感じたので、Microsoft System Center向けに選びました。
ピッツバーグ大学、FIS技術サービス部門
Rick McIverシニアシステムアドミニストレーター
ピッツバーグ大学、FIS技術サービス部門
Anthony Digregorio氏、クライアントコンピューティングマネージャー

セキュリティを簡単に強化。 SCCMをさらに活用。

サイバー攻撃についてのニュースを目にしない日はありませんが、これらは氷山の一角に過ぎません。 パッチマネジメントを軽視したり、これに振り回されたりする余裕はないため、 ネットワークを容易に保護するための手段を手に入れましょう。 コンプライアンスを維持することで安心感も生まれます。 Patch for SCCMを入手。

SCCMを補完する完璧なソリューション

Ivantiがもたらす可能性を活用