Patch for Endpoint Manager 絶え間なく降り注ぐ脅威と新たなパッチのリリースに常に対応することが、ITチームの浪費の原因となっていますか? IvantiのPatch for Endpoint Managerを使えば、企業全体でOSおよびアプリケーションへのパッチを自動で評価・テスト・適用することができます。

簡単なパッチ適用

ネットワークやユーザーに影響を及ぼすことなく、何千ものクライアントシステムを包括的に検出、評価、修正します。

セキュリティ対策はパッチから

多層防御セキュリティ戦略は、パッチ適用から始まります。

セキュリティのシートベルトですか?

パッチ適用の価値に関しては議論の余地はありませんが、パッチ適用が今だに実装できない組織は多いです。 当社がお手伝いいたします。

Patch for Endpoint Manager

IT部門の手間を取らせずにクライアントシステムを守りましょう。

コンプライアンスの規定や脆弱性に溢れたサードパーティ製アプリが乱立する中、パッチを包括的な管理は今や欠かせない要素となっています。 ただし、これは非常に骨の折れる作業となります。 調査、パッチがソフトウェアに影響しないことのテスト、実装... 時間浪費、そしてネットワークへの負担について考えましょう。

そこで、私たちの出番です。Patch for Endpoint Managerをご利用になれば、Windows、Mac OS、Linux、さらには数々のサードパーティ製アプリ(Acrobat Flash/Reader、Java、Webブラウザーなど)に潜む脆弱性がすばやく検出され、必要であれば、その場所を問わずテスト済みのパッチが着実に適用されます。

Ivantiを使って節約できた時間を、エンドポイントの管理に対する全体的なアプローチの改善に使っています。これは最終的に、学生の将来的な可能性を向上させることにつながります。
Larry BarriosIT Manager

ITの機能を簡素化します。

Patch for endpointがあれば、1つのコンソールから保護・管理を行う機能により、物事の進め方を簡素化することができます。

セキュリティを強化

一貫したポリシーを作成/自動化することで、モバイル、リモート、スリープなどの状態を問わず、あらゆる資産に対してパッチが適用されます。

リスクを削減

様々なシステム上でOSおよびサードパーティ製アプリの脆弱性を検出して修正し、法律や規制に準拠するようにします。

事業を常に継続

ユーザーデバイスの動作が遅くなるような問題を回避し、適切な条件のもとで夜間にパッチを施すことで、ユーザーへの影響を最小限に抑えることができます。

より賢く、よりすばやく、より一貫性のあるパッチ管理

パッチのニーズを常に満たすことができなければ、ネットワーク全体がリスクにさらされます。 Patch for Endpoint Managerを導入することで最も脆弱なソフトウェアを保護し、ユーザーの生産性を維持しつつ、IT部門を中核となる事業目標にフォーカスさせられるようになります。