Optimizer for SAP

SAPライセンスの徹底管理を実現
使った分だけお支払い
SAPライセンスへの過剰な支払いから卒業しましょう。実際の使用状況に基づくライセンス管理をはじめましょう。
データシートのダウンロード
間接アクセスを直接管理
コストを可視化し、管理しましょう。
データシートはこちら
次回の監査を乗り切る
次回のSAPライセンスに関する監査を乗り切るために役立つ8つの情報を入手しましょう。
ホワイトペーパーはこちら
SAPライセンスの最適化

SAPの使用状況を把握し、SAPライセンスのコストを最適化し、次回のSAPの監査に備えましょう。

SAPのライセンスモデルは複雑です。このため、ユーザーによる間接アクセス、すなわちユーザーが他のアプリケーションでレポートを閲覧することでSAPデータを消費していることを把握できていない可能性があります。 さらに、実際には必要のない誤って分類されているプロフェッショナルユーザーライセンスに対して無駄に支払いをしている可能性もあります。 実際の使用状況に基づいて適切にライセンスを付与し、間接アクセスや誤って分類されたユーザーに起因する責任を軽減する機能を持ち、次回の契約交渉やSAP監査に向け十分な備えができるよう保証するため、Ivanti Optimizer for SAPは企業に対して情報やインテリジェンスを提供します。

Optimizer for SAPを使用することによる節約に非常に感心しています。私たちは、3,000も超える不必要なユーザーアカウントとソフトウェアエンジンに関する問題を特定することができました。このプロセスを自動化することで、膨大な量の手作業を省くことができました。Optimizer for SAPを採用したことをとても嬉しく思います。

SAPへの投資を最適化し、SAPライセンスの徹底管理を実現

ライセンスを使用中のユーザーと使用していないユーザーの人数を数え、ユーザーの分類とSAPライセンスの種類の割り当てを手作業で行うことは、うまく機能せず、膨大な時間がかかり、多くの人員が必要となります。 Ivanti Optimizer for SAPは、ユーザー監視方法とユーザーの挙動分析方法をひとつに集約しつつ、SAPライセンスの効率的な管理を実現し、ライセンス管理プロセスを自動化し、必要な時間と人員を削減します。

可視化を実現

SAPを使用しているユーザーを把握し、間接アクセスを行っているユーザーを特定し、使用されていないアカウントや重複アカウントを排除しましょう。

使った分だけお支払い

SAPライセンスのコストを削減する5つの簡単な方法をご確認ください。

次回のSAP監査を難なく乗り切る

次回のSAP監査に備えましょう。 8つの役立つ情報を確認し、次回の監査を難なく乗り切りましょう。

使用状況に基づく最適化

仮定に基づく方法や認証ではなく、実際のユーザーの挙動に基づきライセンスを再分類します。

ライセンスを使用していないユーザー&重複ユーザー

すぐにコスト節減を実現しライセンスを再収集するためライセンスを使用していないユーザーと重複ユーザーを特定します。

スマートな割り当て

重複ライセンスを避けるため、システムとアプリケーション全体でユーザーを自動照合します。

間接アクセス

疑わしいユーザーアカウントを特定し、間接アクセスが行われている可能性について通知します。

リアルタイムの可視化

SAPライセンスの使用状況に関する情報をグラフと統計でリアルタイムに提供します。

監査対応のレポート

最新の最適化されたライセンス分類により、監査に備え各ユーザーの詳細なレポートを提供します。

自動分析

コンプライアンスを保証するため、ライセンス契約と実際の使用状況の照合に基づく自動分析を実現します。

簡単な実装

SAPシステムの外部のシステムに、追加コストなく、速やかかつ簡単に、ユーザーを妨害せずにインストールできます。

数分の実装で、現在のライセンス状況を詳細に把握

SAPシステムの実際の使用状況に基づいてライセンス付与を開始するために必要な情報を入手し、ライセンスを使用していないユーザーや重複しているユーザーを特定し、間接アクセスに対応することで、すぐにメリットを得ることができます。