Ivanti Neurons for Facilities

Ivanti Neurons for Facilitiesでファシリティのワークフローとプロジェクトを自動化し、事業運営のニーズに対応

Everywhere Workplaceのサービス

組織全体にサービスマネジメントを拡張する意義とは?こちらをお読みください。

Ivanti Neurons for Facilities データシート

Ivanti Neurons for Facilitiesで、設備の運営をどのように変革できるかご覧ください。

新しい時代の自動化ファシリティサービス

昨今の状況において、設備運営には従来にも増して新しいサービス管理のアプローチが必要です。ビジネスの継続性だけでなく、企業組織のオフィスワークを再開するイニシアチブも設備運営に依存しています。Ivanti Neurons for Facilitiesで、日々の作業指示、作業割り当て、保守作業、施設関連プロジェクトなどのワークフローを自動化し、ビジネスのニーズに応えることができます。

Ivantiサービス管理ではさまざまな設定が可能なので、設備部門でも活用することができました。

エンドユーザーのリクエストからチームと作業者の割り当てまで、作業指示の全ライフサイクルを自動化します。現場やフロアのエリアごとに従業員のリクエストを記録し、管理します。また、作業の完了とともに時間、コスト、検収も記録します。作業指示の量や状況に加え、現場と場所の状況を役割ベースのダッシュボードでリアルタイムに可視化します。

ファシリティ部門のメンバーの手をわずらわせることなく、一般的な質問の回答やポリシーおよび手順へのアクセスを従業員に提供します。従来の冗長な問題解決を効率化して、迅速な業務遂行を常に可能にします。

従業員にオンデマンドサービスを提供し、多くのリクエストを自己解決できるようにします。ポータル分析から貴重な従業員の意見を集約し、設備サービスを改善します。アンケート調査の結果から注目の話題やプログラムの重要性まで、依頼されたフィードバックと自由なフィードバックの両方から深いインサイトを得られます。

リモート、対面、またはオンラインとのハイブリッド型のいずれでも、組織のオフィスワーク再開をサポートします。清掃業務の効果的なスケジュール、PPE用品のリクエスト受け付け、従業員の拡張ロケーションの予約サポートなどに加え、さまざまな現場、建物、およびフロアへのアクセス管理を行います。

Ivanti Neurons for ITSM

Ivanti Neurons for HR FacilitiesとIvanti Neurons for ITSMがもたらす相乗効果について、詳細をご覧ください。