Insight エンドポイントをこれまでにないレベルにまで可視化し、ユーザーの行動を追跡し、情報に基づいて意思決定を行う

ユーザーをより理解するには

正しいユーザーエクスペリエンスを理解することの6つの理由とは。

エンドユーザーエクスペリエンスの可視化

デスクトップのデータを継時的に取集し、可視化。

ROIの向上

Performance Managerから最高の価値を得られるかご紹介します

IT KPIの追跡

エンドポイント情報を取得し、ユーザーの生産性を維持

Ivanti Insight(AppSense搭載)は、問題が重大なものになる前にITがデスクトップの問題を事前に特定するのを助けます。ログオン時間、ユーザープロファイルのサイズ、アプリケーション、CPU、メモリ使用などの重要なKPIを追跡します。ITはそれら情報に基づいて決定を下すことができるため、デスク環境を最適化し、デスクトップ管理経費を削減することができます。

また、完全な管理者権限を持つユーザー、エンドポイントの疑わしい行動などを特定することにより、ITがリスクを軽減するのを助けます。  

Insightを利用することで素晴らしいユーザー体験を提供し、従業員の生産性を向上します。

Insightを使うことで、既知の問題はもちろん、存在すら把握していなかった問題に関する確かなデータを得ることができます。
David WyldSenior Desktop Infrastructure Engineer

問題を特定し、原因を判断し、成功を評価する

Insightを使えば、生産性を妨げている問題を解決して向上を評価する強力な知識へとデータを変えることができるため、長期的に経費節約を実現することができます。

検出

時間のかかるログオン、肥大化したプロファイルなど、ユーザーエクスペリエンスにマイナスの影響を与える問題を検出します。

数量化

ユーザーのログオンを遅くするグループポリシーオブジェクト(GPO)や失敗が続くスクリプトなど、エンドポイントの問題の原因となるエレメントを分析します。

評価

ITの変化によりエンドポイント環境がどのように最適化され、経費を削減し、生産性を向上させたかを基準に従って評価します。

生産性を低下させるエンドポイントの問題を解決

Insightは、エンドポイントやユーザーの行動に関する情報を詳細に可視化するため、根本原因から問題を修正することができます。 問題が解決したら、Inこれにより向上の評価やIT価値の実証に使用することができます。