Environment Manager

パーソナライズされたデスクトップをユーザー毎に提供
簡単なWin 10および11

Environment Managerを使ってWindows 移行の悩みを解決

ダウンロードはこちら
Office 365のキャッシュをローミング
仮想デスクトップとセッションにおけるOffice 365を最適化
方法はこちら
優れたユーザーエクスペリエンス
オンデマンドのパーソナライズ
データシートはこちら

オンデマンドのパーソナライズ

デスクトップをパーソナライズし、文脈上のポリシーをオンデマンドで適用

いつでも高速にログオン。 堅牢で常にパーソナライズされたデスクトップでユーザーのローミング? スムーズなOS、そしてP2V(物理環境から仮想環境へ)移行? 簡単なPCリフレッシュ。 エンドユーザーに好まれるIT。 これは夢物語なのでしょうか?

Environment Managerは、オンデマンドのパーソナライゼーションや状況に応じたきめ細かなポリシー管理により、この夢物語を現実に変えることができます。 ITは優れたユーザーエクスペリエンスを提供でき、ユーザーは職務にまさに必要となるものを手に入れることができます。余分も不足もありません。  

移行の煩わしさを軽減し、ログオンにかかる時間を短縮し、ユーザー満足度を向上

Environment Managerは、ユーザー設定を切り離し、デスクトップから別個に管理するため、デバイス間の移植性を得ることができます。 結果として、 素早いログオン、およびユーザーに好まれるパーソナライズしたワークスペースが可能になり、必要となる作業も減らすことができます。

簡単なWin10移行
ユーザー設定をOSとは切り離して別個に管理するため、Windows 10への移行および物理環境からVDIへの移行も簡単に行えます。
高速ログオン

ヘルプデスクへの電話を減らしつつ、ログオン時間の短縮によって利用者の生産性を向上し、支持を広げる。

プロファイル

ユーザープロフィールの一部をオンデマンドでストリーミングします。

移行

オンデマンドでOS間のプロフィールデータを移行できます。

統一性

リアルタイムでの自動自己修復。

トリガー

状況に応じてアクションをトリガー。

プロファイルの煩わしさやスクリプトのいらないカスタマイズされたワークスペース

Environment Managerは、煩わしいローミングプロファイルやスクリプトを使用せず、パーソナライズされた統一性の高いデスクトップを実現することができ、ITは高速で反応性の高いコンプライアンス準拠のワークスペースを簡単に提供することができます。

User Workspace Manager

Ivanti Environment Managerは、Ivanti Application ControlIvanti Performance ManagerIvanti File Directorなどを含むIvanti User Workspace Manager (UWM)スイートの一部です。UWMは、スイート内のすべてのアプリケーションの集中管理コンソールを使用することで、企業が応答性の高いセキュアなデスクトップと優れた従業員体験を提供するとともに、サーバー費用の削減とより効率的なユーザー管理、エンドポイントのセキュリティリスクの低減を実現できるようにします。

Ivanti Environment Managerは、デスクトップのパーソナライズ機能と環境管理ポリシー機能を完備していており、Ivanti Environment Manager Policyは、ポリシー機能のみを搭載した別製品として販売されています。この2つのソリューションの違いについては、「Environment Manager / Policy クイックリファレンスカード」に詳しい説明が記載されています。

機能 利益 Environment Manager Policy Environment Manager
WindowsデスクトップとアプリケーションUIのロックダウン ボックス、ボタン、ドロップダウンメニューの編集権限を非表示&制限。
 
はい
 
はい
オートメーション デスクトップアクティビティに応じてタスクとオートメーションモジュールを起動します。
 
はい
 
はい
キャッシュローミング / コンテナリゼーション VHDコンテナを使用し仮想デスクトップ上でOffice 365およびその他のアプリケーションを加速。
 
はい
 
はい
グループポリシーのインポートと交換 アクティブディレクトリより直接インポートし、ADM/ADMXテンプレートから設定をとることによりグループポリシーを迅速かつコンテキストに実行します。
 
はい
 
はい
ユーザープロファイルのローミング プロファイル破損の軽減、ログオン時間の短縮化、ユーザー満足度の向上。
 
はい
 
はい
ログオンスクリプトの変更 速やかなログオン、グラフィカルコンソール、マルチスレッドエンジン。
 
はい
 
はい
状況に応じたパワフルなルールエンジン OU(組織単位)とActive Directorに限られないポリシー設定とプロファイルの適用。
 
はい
 
はい
エンドユーザーのセルフサービス ユーザーはセルフサービスツールまたは既存のサービス管理ソリューションを使用して自分のプロファイルをロールバックできるため、サポートへの問い合わせ電話の件数を軽減できます。
いいえ
 
はい
オフラインサポート オンラインとオフラインのデスクトップとノートパソコン向けのキャッシュ&同期エンジン。
いいえ
 
はい
クロスプラットフォームサポート Windowsの異なるバージョン間でのユーザー設定の移動。ネイティブアプリとApp-V / ThinApp間でのユーザー設定の移動。
いいえ
 
はい
スナップショット、プロファイルのロールバック、一括変更 以前の「問題がないことが確認されている」状態にロールバックするため、もしくはプロファイルの一括変更を実行するためにサービスデスク用の代理管理者権限でアクセスできるウェブUI。
いいえ
 
はい
マルチデータセンター&クラウドサポート SQLのエディションを問わず、オンプレミスまたはクラウドでデータセンターの複製、フェイルオーバー、中央管理を実現。
いいえ
 
はい
学習モード 設定を取得するためのガイド付きアプリケーションプロファイリング。
いいえ
 
はい