Gartner®社が発表した 2021年のMagic Quadrant™の統合エンドポイント管理ツールにおいて、Ivantiが唯一の「ビジョナリー」に選出されました。

「ビジョナリーは、市場がどこへ向かっているのかを理解し、市場ルールを変えるためのビジョンを持っているベンダーである...」
– Gartner

Gartner UEM Magic Quadrantに今すぐアクセスしましょう!

Ivantiは、2021年のGartner® 社Magic Quadrant™の統合エンドポイント管理ツール(UEM)において、「ビジョナリー」に選ばれたことを光栄に思います。 当社がUEMのMagic Quadrantでビジョナリーを獲得したのは今年が初めてとなり、これまで「チャレンジャー」評価だった当社にとって、今回ビジョナリーに選ばれたことは、「Everywhere Workplace」を実現するという当社の未来を見据えた戦略が評価されたものと考えています。
 
Gartnerからその実行力とビジョンの完全性を評価された Ivantiは、ナレッジワーカーやフロントラインワーカーのための幅広い管理とセキュリティのユースケースをサポートし、医療、小売、サプライチェーンの各業界向けのカスタムソリューションを提供しています。

当社は、お客さまのクラウドからエッジに至るまでのIT資産の検出、管理、保護、保守を可能にすることで、未来の仕事に力を与えることを使命としており、ガートナー社からUEMツールのビジョナリーとして認められたことを誇りに思います。

詳細については、右記のサイトへアクセスしてレポートの全文をお読みください。

免責事項および著作権表示:

ガートナー、 統合エンドポイント管理ツールのマジック・クアドラント、Dan WilsonChris SilvaTom Cipolla、2021年8月16日。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。 ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したも のであり、事実を表現したものではありません。 ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。「GARTNER」および「MAGIC QUADRANT」は米国および他の国におけるGartner, Inc.または関連会社もしくは両方の登録商標及びサービスマークであり、本書は許可を得て使用しています。 All rights reserved.

Gartner社についての重要事項。Gartner、 統合エンドポイント管理ツールのMagic Quadrant、Dan Wilson、Chris Silva、Tom Cipolla。2021年8月16日

この画像は、リサーチ文書の一部として Gartner社によって公開されたものであり、文書全体の文脈の中で評価されるべきものです。 Gartner社の文書は、Ivanti
からのリクエストに応じて入手可能です。