お見積りのお申し込みはこちら

監査が迫っています。 パニックに陥るのではなく、Ivantiを導入しましょう。

監査通知が受信箱に届いている、ということはよくあります。実際、大部分の企業は12カ月に1度以上監査を受けています。次回の監査がどんな結果になるだろうかと思案しながら時間を無駄にするのはやめて、Ivantiでコンプライアンス状況に自信がもてるようにしましょう。

  • ライセンスを余分に購入して、コストを無駄にするのはやめましょう。リアルタイムでコンプライアンス状況を把握しましょう。
  • 監査により、時間もリソースも浪費してしまいます。Ivantiを使えばそんなことはなくなります。当社ソリューションを使えば、監査を歓迎したい気持ちになります。
  • 簡単にレポートを作成し、監査人に直接手渡してみてください。Ivantiを使っていることに気付いた監査人の表情を観察してみてください。
  • Ivantiでソフトウェア資産を管理して、高額な罰金、弁護士費用、そしてニュースに取り上げられた場合のダメージを回避しましょう。