RiskSense

全領域にわたる、リスクに基づいた脆弱性管理

RiskSense®は、サイバーセキュリティの専門家のグループによって2015年に設立され、サイバーセキュリティのリスクを測定および制御するための脆弱性管理と優先順位付けを提供する企業です。 RiskSenseプラットフォームは、人間との対話による機械学習テクノロジーを採用し、世界で最も危険なサイバー攻撃者から重要なネットワークを守るために、実際の経験から得た専門知識と細部にまで詳しい深い知識を統合したものです。

RiskSenseは、創業以来、研究に多大な投資を行い、リスクセンスプラットフォームのDNAとなる様々な特許を取得しました。 RiskSenseは、サイバー攻撃者の一歩先を行くために、セキュリティ研究者を多数採用し、またフェローシップ・プログラムを通じて、特にニューメキシコ工科大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、カーネギーメロン大学などにおけるITおよびサイバーセキュリティの主要なプログラムと連携しています。

RiskSenseは、2021年8月2日、Ivantiに買収されました。 この買収により、RiskSenseのリスクに基づいた強固な脆弱性優先順位付けと修正機能が、IvantiのNeurons for Patch Intelligenceに加わりました。

RiskSense製品

攻撃に関するリスクに基づいた簡潔な優先順位付けを実現する高度な脆弱性インテリジェンスによって、インフラとアプリのセキュリティに関する知見を充実させます。 脆弱性に対するエクスポージャーを追跡し、修復検証をエンドツーエンドで包括的に監視します。

リスクに基づいた脆弱性管理
アプリのセキュリティと脅威との相関関係
脆弱性インテリジェンス

販売後も貴社のパートナーであり続けます。

テクノロジーだけをやかましく宣伝し、サポートをおろそかにするようなことは決してありません。

弊社のテクノロジー担当者は、お客様のエンドユーザーの生産性向上を支援するために待機しており、簡単に回答できるよくある質問に対して情報をお届けします。 セルフサービスでサポートの課題を記録し、お客様のニーズに合わせたサポートを提供するため、お客様の現地のサポートチームに連絡を取り、専門家とコラボレーションして、ナレッジベースの記事を検索し、ディスカッションのフォーラムに参加します。

お役立ち情報のリンク集

ドキュメント
サポート
コミュニティ