ブログ

ITサービス管理

2019年はITサービス管理が変わる・ITSM市場でAIが活躍する一年になる理由

今後2年間は、ITサービス管理が大きく変わる転換期となるでしょう。現在のプラクティスが再調整されるだけでなく、新たな技術からこれまでになかった戦略に役立つメリットがもたらされるでしょう。 第1に、より多くの経験豊富なIT部門が、サービス管理、DevOps、アジャイル開発など、ベストプラクティスやフレームワークを活用する方法を見直すことが予想されています。 経験を積んできたからこそ、IT部門や事業のためにのみ、現行のフレームワークやベストプラクティスを導入すべきではないことに気付けるのです。現行のフレームワークやベストプラクティス自体は戦略ではなく、適切な役割を設定し、適度に、絶妙なバランス

続きを読む

統合化されたIT: ITSMに関する日常業務に費やす時間を大幅に削減

「統合化されたITのビジネスケース: ITサービスとエンドポイント管理の自動化ソリューション」という題目のIvantiのROIに関するホワイトペーパーは、Hobson & Company のアナリストであるタミー・クライン氏によるものです。 このホワイトペーパーは、多くのアメリカ合衆国ならびに国際的な経営組織のIT運用部門、サービス管理部門、システムエンジニアリング部門、デプロイメント部門、さらにはデリバリー部門とサポート部門の部長や管理者とのインタビューに基づく調査結果を要約したものです。その大部分は、自動化され、統合化されたITSMとUEM ソリューションの価値は、即時的効果と実証可能性

続きを読む

統合されたITサービス、資産、エンドポイント管理から得られる利点に注目

IT サービスマネジメント (ITSM)を説明するのにわずかな時間しかない場合、あなたの「エレベーターピッチ」はどのようなものになりますか? EMAの調査報告で、業界アナリストのデニース・ドログセス氏は以下のようにその内容を明らかにしています: 「本調査とは別に実際の意見交換や文書で頻繁に用いられる業界内のITSMの定義とは、企業やITが要求するITサービスの提供を整備するために設計されたプロセスベースでの実践というものです」 「しかしながら、本調査では、テクノロジーと組織の重要性だけではなくプロセス(意見交換やコミュニケーションを含む)の重要性も加えた3つの側面を考慮してITSMを

続きを読む

統合化されたITを環境に応じてカスタマイズ

トランプで相手の持ち札が良くても、「切り札あれば勝てるのに」と感じたことはありますか?現在のIT環境にも同じような印象をお持ちでは?様々なITシステムが混在し、プロセスを自動化できずに有能なITチームの力を発揮できていない。そのような状況には切り札が必要ではありませんか? まさに今、以下の懸案事項のいずれかを抱えていらっしゃいますか?ITコストが上昇を続ける一方で、ITによるビジネスの支援方法に不満を抱いているビジネス上の利害関係者。時間がかかるソフトウェア監査が予定されている。セキュリティ違反に対する全社員の総力を挙げた取り組み。手動によるWindows 10への移行という苦行を課せられた

続きを読む