2020年1月14日、Windows7の延長サポートが終了、それにともない、セキュリティの更新プログラムや有償サポートなどを含む一切のサポートが受けられなくなります。 そのため、2019年までのWindows10への移行は、企業のIT担当者にとって目下の急務。社内のWindows OSがまだWindows7なのであれば、そろそろ本格的に移行を検討すべきです。 とはいえ、 Windows10は、「WaaS (Windows as a service) / サービスとしてのWindows」という概念に基づいて提供されているということからもわかるように、今までのOSとは大きく異なります。