「その瓶の中にM&Mやビー玉がいくつあるか当ててみて」というオレのゲームが嫌いな人は誰ですか?20個、50個、または数百個違いますか?または、限られた空間内の球の数をかなり正確に推定しているかもしれません。次に、組織のIT資産について考えます。それらのすべてが説明されていますか?それらはどこにありますか?当ててみてくださ。もう1回考えましょう。ミスは1マイルと同じです。

すべてのIT資産を追跡し、使用されているハードウェアとソフトウェアを理解し、それらを保護し続けることは簡単なことではありません。さらに、ネットワークにアクセスするリモートデバイスとエッジデバイスの数が増加し、より複雑になります。従業員はいつでもどこでも働けるようになり、彼らの満足度を全体的に向上させるには、状況把握が必要です。

デバイスの急増とリアルタイムの変化に手動で対応する方法はありません。ネットワークに接続しているものをすばやくスキャンして追跡し、安全を保ち、コンプライアンス、コスト効率を維持する方法が必要です。

数分ですべてのIT資産を正確かつ実用的に可視化できたらどうでしょうか。さて、Ivanti Neurons for Discoveryをご紹介しましょう。

  1. すべてを見つけよう

あるときIT人材派遣会社から、オレオクッキーの箱の後ろのキャビネットに詰まっている資産についての話がありました。そうです、オレオのクッキーがどれほど長く続くかわかりません。間違いなく私の家庭のものではありません。または、別の例として、ある組織はまだ会社に存在しなくなった資産(解体、紛失、または未返却)を考えていました。元従業員がまだハードウェアを保持し、企業情報にアクセスしていても大丈夫ですか? 新しいデバイスや不明なデバイスがネットワークに参加したことを知りたくありませんか?

Ivanti Neurons for Discoveryを使用すると、追跡管理するための表計算やクッキーの幽霊に別れを告げることができます。つまり、幽霊資産です。ネットワークセグメント上のデバイスをリアルタイムですばやく検出します。

御社はすでに複数の発見ソリューションをお持ちかもしれません。Ivanti Neurons for Discoveryはそれらとどう違うのでしょうか? Ivanti Neurons for Discoveryは、パッシブ検出とアクティブ検出を使用して、すべての管理対象デバイスまたは非管理対象デバイスを検出します。ファイアウォールの背後にある場合でも、ネットワークに接続されたデバイスをリアルタイムで検出します。 Ivanti Neurons for Discoveryはネットワークをスキャンしますが、ネットワーク上のすべてのデバイスにエージェントをインストールする必要はありません。担当者が割り当てられ、帯域幅を消費しない、ご近所の監視プログラムだと考えてください。いつでも、いつもあなたのために働きます。何かがある場合は、一瞬でそれをキャッチし、インベントリ情報として格納します。

  1. 情報を統合しよう

ある運送会社は彼らが持っているものすべてを確実に把握していると考えていました。 その後、検出スキャンを実行したところ、彼らが所持しているエンドポイント数、そしてActive Directoryが示す数より30%多くのデバイスが見つかりました。 彼らは自分の環境は適切に保護されていると確信していましたが、知らないデバイスをどのように保護できるでしょうか?

Ivanti Neurons for Discoveryを使用すると、デバイスが検出されると、詳細なインベントリサービスが各IP接続デバイスまたはサービスに問い合わせて、ネットワーク接続、ハードウェアの詳細、製造元、デバイス上で実行中のソフトウェアに関する情報など、可能なすべての情報を取得します。 管理下にある場合、インベントリはソフトウェア使用情報も提供し、ソフトウェア資産を効率的に管理するのに役立ちます。 Ivanti Neurons for Discoveryは「点をつなぎ」、複数のデータソースからの正確な資産情報を集約します。 継続的な検出スキャンにより、ネットワークに参加する新しいデバイスや不明なデバイスを確実に認識できます。

  1. データを強化しよう

ある大学は表計算を使用してIT資産を追跡し、別の部門が契約情報データベースを管理していました。彼らは、使用期限や保証を積極的に管理せず、保証期間中のデバイスの修理に時間を費やすことがよくありました。 「ITSMとITAMプロセスの調整に関する調査」では、回答者の半数が、後にまだ保証中であることが判明したデバイスの修理を認めているため、時間と費用が失われていることがわかりました。

この同じ調査[1]では、回答者の20%が、どの資産が古いかについての情報がないことを認め、28%が、保証期間外およびサポート期間外の資産のサポートに週あたり何時間も費やしていると報告しました。 Ivanti Neurons for Discoveryを使用すると、ハードウェア保証情報、ベンダーライセンスルール、リセラーからの購入情報などのB2Bデータへのコネクタを使用して、サードパーティシステムからのデータを補強できます。この充実した資産データを使用すると、購入、保証、契約データ、およびサポート終了サイクルを必要に応じて最適化できるため、サービスおよびITチームは、資産に対する問題をログに記録し、迅速かつ正確に解決するために必要なものがすべて揃います。

  1. データを理解しよう

あるアナリスト会社のEnterprise Management Associatesは、IT部門が平均して週に10時間を費やして、データの精度の問題を解決していることを発見しました[2]。それは最低でも四分の一人・年であり、他の用途を見つけることができると私は確信しています。多くの場合、調達システム、ITエンドポイントとネットワーク管理システム、契約情報データベース、表計算など、さまざまな場所にデータが存在する可能性があるため、多くの時間がかかります。

データを正規化して調整し、差分とデータの送信元を確実に理解するのは困難です。優れたツールを使用すると、このプロセスを自動化して、操作できる堅牢なデータを入手できます。

Ivanti Neurons for Discoveryは、正規化および調整プロセスを完全に自動化して、データをクリーンアップし、同じものを説明するために使用される名前の数を減らします。すべての資産データを変換して、標準の名前をつけ、マッピング構造を作成し、分類いたします。

Ivanti Neurons for Discoveryは、資産データの集約と調和に費やす時間を数週間から数分に短縮するのに役立ちます。 IT資産内のすべてのシステムとやり取りするデバイス間の相互参照や手動の調整アクティビティは不要です。このデータ出力は、不足しているデバイスや不明なデバイス、および重大なセキュリティリスクをもたらすデバイスを特定するのに役立ちます。 Ivanti Neurons for Discoveryは正確な資産情報を提供し、既存の資産をより有効に活用してコスト効率を高め、セキュリティ体制を改善します。

  1. アクションに結びつける洞察を得ましょう

アセット・ディスカバリおよびインベントリ機能は、効果的なエンドポイント、アセット、サービス、およびセキュリティ管理のプラットフォームです。エンドユーザーを効率的に支援し、問題を迅速に修正するには、必要なすべての資産データをすぐに利用できる状態にする必要があります。サービス管理プロセスとリクエストワークフローで資産情報とその関係を自動的に確認できるかどうかを調査回答者1,600人に尋ねました。調査結果によると、43%が「ときどき」と報告していますが、回答者の3分の1以上がこの情報を確認できていません1

Ivanti Neurons for Discoveryは、構成管理(CMDB)および資産管理データベースに簡単にデータを入力するための、すぐに利用できるディスカバリ機能を提供します。ご利用のお客様によれば、CMDBに洞察に富んだデータを入力するのに数分しかかからないとのことでした。Ivanti Neurons for Discoveryにより、情報に基づいた意思決定を行うための資産情報との関連でサービスを提供できます。サービスとアセットのプロセスとデータがCMDBの正確なデータと密接に連携している場合、多くのアクティビティとプロセスがより自動化され、効率的で応答性が改善され、より良い結果とより良いサービスエクスペリエンスにつながります。

今日からお試しできます

Ivanti Neurons for Discoveryを使用すると、資産を完全に可視化し、資産価値を最適化してセキュリティ体制を改善することができます。 追跡管理用の表計算や幽霊資産はもうございません。 Ivanti Neurons for Discoveryは、正確で実用的な洞察を得るために、数日ではなく数分で単一の正しい情報源を提供します。 したがって大雑把な推測をやめて、M&Mのチョコレートは食べてしまって、Ivanti Neurons for Discoveryで必要な資産を発見しましょう。 以下のサイトより今日からお試しできます。

https://go.ivanti.com/Web-FreeTrial-Neurons.html

 

[1] Ivanti Survey: Aligning ITSM and ITAM Processes, Dec. 2019.

[2] https://www.enterprisemanagement.com/research/asset.php/3311