1996年、ワシントンD.C.とその周辺地域は猛吹雪に見舞われ、地域全体の企業が休業状態に陥る事態が発生しました。今では、テクノロジーの進歩によって、人々は場所を問わずに仕事ができ、このような吹雪による休業もなくなりつつあります。 モビリティソリューション、クラウドソリューション、そして軽量ノートパソコンのおかげで、仕事に必要なツールをほぼあらゆる場所から利用できるようになりました。しかしながら、このようなテクノロジーの進歩によって別の影響も出ています。多様なプラットフォームを組み合わせたITソリューションをサポートするIT部門は、大きな負担を強いられるようになっています。 多くの組織が競