2018年はデータ漏洩の被害が拡大を続きました。今後さらにデータ侵害が横行し続けることが予測されています。世間の注目を浴びたいくつかのデータ漏洩事件により、GDPRなどすでに世界中でプライバシーに関する規制がより厳しくなっている流れを受け、2018年カリフォルニア消費者プライバシー法などさらなる対策が講じられています。2019年も引き続き私たちはデータ漏洩のニュースを目にすることになるでしょう。そして、データ漏洩の影響を受ける者には漏洩した時の通知に関する規制、企業にはセキュリティ対策をさらに徹底し、顧客のデータに責任を持ち、必要に応じて説明責任を負うことを強いる上で役立つプライバシーに関する