多くの企業がWindows XPからWindows 7への移行がどれだけ大変な作業だったかを今なお鮮明に記憶しています。ほとんどの企業が今後5年以上Windows 7の環境を使い続ける気でいます。 現在でさえ、Windows 7は企業で最も広く一般的に使用されており、10年近くWindowsのアプリケーションを提供する主力OSとして機能しています。 企業のIT部門のほとんどが、Windows 8の存在を無視しました。事実、Windows 7がリリースされてから12ヶ月間の導入率は18.9%でしたが、Windows 8がリリースされてから12ヶ月間の導入率はわずか9.3%にすぎませんでした。