ブログ

投稿者 Adam Smith

2019年 Windows 10への移行について

Windows 10が発表されてから3年以上が経過しています。3年という月日の長さは、多くの企業が自社のハードウェアを全面入れ替えするために費やす時間の長さとほぼ同じです。もし3年かけてハードウェアの入れ替えを行っているのであれば、Windows 7のサポート終了が2020年1月14日に迫っている今、残りの数ヶ月で旧バージョンのWindowsデバイスを新しいWindows 10に入れ替えることが望ましいと言えます。もし入れ替えを行わない場合、Microsoftに多額の延長サポート料金を支払わずに残りのデバイスを使用し続けることは果たしてできるでしょうか?ハードウェアの買い替えが予算に合わない場

続きを読む

Windows 10への移行はガイドを伴わずに釣りに行くようなもの

Windows 10への移行を戦略的に取り組むことでユーザーのエンドポイントすべてに新しいオペレーティングシステムを提供すること以上にことができるはずです。つまりMicrosoftがどんな変更を行うとしても、企業は継続的にマシンをアップグレードする方法を身に付けることができます。 Windows 7のサポート終了が近付いていることから、多くの企業、特に規制を遵守しつつ事業運営をしている企業は、一度に大量のマシンを移行する必要性に迫られています。こういった優先度の高いプロジェクトには、莫大なコストがかかります。 そしてこのコストの大部分を占めるのが、ニーズを見極め、移行計画を立て、移行を実施

続きを読む