Windows 10への移行を戦略的に取り組むことでユーザーのエンドポイントすべてに新しいオペレーティングシステムを提供すること以上にことができるはずです。つまりMicrosoftがどんな変更を行うとしても、企業は継続的にマシンをアップグレードする方法を身に付けることができます。 Windows 7のサポート終了が近付いていることから、多くの企業、特に規制を遵守しつつ事業運営をしている企業は、一度に大量のマシンを移行する必要性に迫られています。こういった優先度の高いプロジェクトには、莫大なコストがかかります。 そしてこのコストの大部分を占めるのが、ニーズを見極め、移行計画を立て、移行を実施